メニューを閉じる
2023年1月29日(日)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

武田、23年3月期純利益33%増に上ぶれ 主力薬好調

企業決算
ビジネス
2022/10/27 20:51
保存
共有
印刷
その他

想定為替レートを1ドル=119円から132円に見直した

想定為替レートを1ドル=119円から132円に見直した

武田薬品工業は27日、2023年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比33%増の3070億円になる見通しと発表した。従来予想から150億円上方修正した。主力の潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」の販売が米国を中心に伸びているほか、為替の円安も利益を押し上げる。

売上高にあたる売上収益は10%増の3兆9300億円を見込む。想定為替レートを期初見通しの1ドル=119円から同132円に見直し、従来予想を2400億円上方修正した。円安効果に加え、エンティビオの販売が米国や欧州、ブラジルなどで伸びる。新型コロナウイルス禍からの回復により診断数が増加し、血漿(けっしょう)分画製剤事業も堅調に推移する。

クリストフ・ウェバー社長兼最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に対し、「円安の追い風はあったが、成長戦略が軌道に乗っている」と述べた。フリーキャッシュフロー(純現金収支)は円安を加味することなどで約6500億~7500億円を計画する。他社のバイオ後続品の投入が遅れており、エンティビオのピーク売上高は75億~90億ドル(従来予想は55億~65億ドル)に引き上げた。

同日発表した22年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比9%減の1667億円だった。前期に計上した糖尿病薬事業の売却収入がなくなった。主力薬が堅調なことから、売上収益は10%増の1兆9747億円だった。

初割ですべての記事が読み放題

今なら2カ月無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

499件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World