メニューを閉じる
2022年8月12日(金)
4503 : バイオ・医薬品関連
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【製薬大手】免疫抑制剤や抗がん剤に強み。産学連携も加速。

現在値(15:00):
2,034.5
前日比:
+20.0(+0.99%)

アステラスの遺伝子治療薬候補、米国での治験差し止め

Think!
ヘルスケア
2022/6/27 14:56 (2022/6/27 22:13更新)
保存
共有
印刷
その他

治験に参加した患者に深刻な有害事象がみられた

治験に参加した患者に深刻な有害事象がみられた

アステラス製薬は27日、遺伝子を投与して治療する新薬候補「AT845」について米食品医薬品局(FDA)から米国での臨床試験(治験)を差し止めるよう指示があったと発表した。治験に参加した患者に深刻な有害事象がみられたためだ。アステラスは業績への影響は精査中としている。

AT845は難病の一つ「ポンペ病」の治療を目指した新薬候補だ。ポンペ病はグリコーゲンが分解できなくなるなどして、歩きづらくなったり、呼吸がしづらくなったりする。

AT845は患者の体内に遺伝子を送り込み、特定のたんぱく質を増やして治療効果を狙う。アステラスは買収した米オーデンテス・セラピューティクス(現アステラスジーンセラピーズ)の遺伝子治療の技術を使って、研究開発をしていた。

第1.2相の治験で深刻な有害事象が確認されたという。現時点で「投与による因果関係があるかどうか分からない段階」(アステラス)としている。今後、FDAから30日以内に差し止め理由に関する正式な文書が届くという。

オーデンテスを巡っては、研究開発の遅れによる特別損失が目立っている。アステラスは2020年1月、オーデンテスを約30億ドルで買収した。だが研究開発の遅れなどから21年3月期に約588億円、22年3月期に約300億円をそれぞれオーデンテス関連の減損損失として計上した。アステラスは中期経営計画で遺伝子治療を強化するとしているが、戦略の仕切り直しは避けられそうにない。

【関連記事】
アステラス減損500億円 22年3月期、遺伝子薬開発遅れ
アステラス、時価総額7兆円計画 5合目以降の難路
アステラス、26年3月期の研究開発費6割増 先端分野投資
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

308件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World