メニューを閉じる
2022年7月3日(日)
4507 : バイオ・医薬品関連
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
6,734
前日比:
-121(-1.77%)

第一三共のコロナワクチン、追加接種向けで有効性確認

新型コロナ
2022/5/26 19:31
保存
共有
印刷
その他

第一三共は26日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種の推奨用量を確認する臨床試験(治験)でファイザー製など既存ワクチンと同程度以上の有効性が確認できたと発表した。副反応も重篤なケースはなかった。同日から4500人規模でウイルスの感染を防ぐ中和抗体の量を既存ワクチンと比べる治験の初回投与を始めた。2022年度内の実用化を目指す。

追加接種の治験は1月から日本国内で実施していた。ファイザー製やモデルナ製のワクチンを2回接種した65歳以上の高齢者など計約500人を対象に接種用量を確認した。3回目の接種として第一三共製を10~60マイクログラム投与したところ、4週間後の中和抗体量は既存ワクチンと同程度以上だった。接種後1週間で重篤な副反応はみられなかった。26日から約4500人を対象に安全性や有効性を既存ワクチンと比較する治験に入った。

同社は21年11月から、未接種者向けの治験も進めている。成人80人を対象に投与した結果、安全性や2回接種後の免疫効果が確認できたという。22年9月までに最終段階の治験を始める予定だ。当初は3月末までに実施する計画だったが、変異型「オミクロン型」の拡大で接種率が上がったことなどから追加接種の治験を優先していた。

第一三共が開発するのは、ファイザー製やモデルナ製と同じく「メッセンジャーRNA(mRNA)」と呼ばれる遺伝技術を使ったワクチンだ。コロナウイルスが人の細胞と結合する部分を狙う独自の技術を使うことで、有効性を高められるという。

国内企業では、武田薬品工業が米ノババックスから技術提供を受けて国内生産するワクチンの供給を始めた。塩野義製薬やKMバイオロジクス(熊本市)も治験を進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

541件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World