メニューを閉じる
2023年1月29日(日)
8053 : 総合商社
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【上位総合商社】住友グループの中核企業。金属取引、自動車などに実績。

現在値(15:00):
2,360.0
前日比:
+29.0(+1.24%)

住友商事、ゲノム編集の新興と資本業務提携

環境エネ・素材
2022/11/29 12:30
保存
共有
印刷
その他

住商はセツロテックと資本業務提携を結んだ(写真はゲノム編集の様子)

住商はセツロテックと資本業務提携を結んだ(写真はゲノム編集の様子)

住友商事はゲノム編集の研究開発を手掛けるスタートアップのセツロテック(徳島市)と資本業務提携を結んだと発表した。住商の出資額は数億円とみられる。セツロテックはゲノム編集を用いて動植物の品種改良を早める技術を持つ。資本業務提携を通じ、2025年内をメドに豚などの農畜産物の新品種の開発や販売をめざす。

セツロテックは徳島大学発のスタートアップで、17年に設立された。製薬会社や大学の研究室向けにゲノム編集したマウスや培養細胞などを提供する事業や、ゲノム編集技術を用いた農畜産物の新品種を開発する受託事業などを手掛けている。

ゲノム編集は生物が持つ遺伝子情報を書き換えて、生物の形質を変える技術だ。外から新たに遺伝子を入れる「遺伝子組み換え」と異なり、自然界でも起こりうる突然変異を意図的に起こす手法で、生態系への影響も少ないとされている。これまで数十年の時間を必要としていた動植物の品種改良も、わずか数年でできるという。

ゲノム編集技術を活用できれば、糖度などを高めた高品質な食品の生産や耐病性の高い動植物の育成につなげられる。耐病性が高められれば、食の安全保障の確保に貢献できる可能性もある。

住商は欧州に拠点を置くコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を通じてゲノム編集技術を持つ英国のスタートアップに出資したほか、22年4月には農業や畜産業における新規事業開発を担う新組織を立ち上げるなどの取り組みを進めている。セツロテックとの協業による新品種の販売を通じて、国内外の市場開拓を進める。

初割ですべての記事が読み放題

今なら2カ月無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

347件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World