メニューを閉じる
2021年11月28日(日)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
2,074.5
前日比:
-37.5(-1.78%)

JFEスチール、新工法の冷間プレス材 レクサスに採用

BP速報
自動車・機械
環境エネ・素材
科学&新技術
2021/10/25 17:20
保存
共有
印刷
その他

ストレスリバース工法を適用したルーフセンターリンフォース(出所:JFEスチール)

ストレスリバース工法を適用したルーフセンターリンフォース(出所:JFEスチール)

日経クロステック

JFEスチールは22日、同社が開発した高張力鋼板の冷間プレス材がトヨタ自動車の新型「レクサスNX」に採用されたと発表した。採用品の引っ張り強さは1.5GPa(ギガパスカル)級で、ホットスタンプ(高張力鋼板の熱間プレス材)に匹敵する性能を実現した。

開発した冷間プレス材は、天井部の補強部材である「ルーフセンターリンフォース」に使われている。トヨタによると、同材料を使うことで従来構造比で0.3キログラムの軽量化を達成できたという。

冷間プレス材は、プレス成形後の反り(スプリングバック)が大きくなりやすく、高い寸法精度を出すのが難しかった。JFEスチールは今回、スプリングバックを抑制する成形工法「ストレスリバース工法」を開発し、トヨタからの受注につなげた。JFEスチールが同工法を製品に適用するのは今回が初めて。

一般的に、プレス成形時に材料に残る応力が小さいと、スプリングバックは小さくなる。JFEスチールはこの点に着目。バウシンガー効果と呼ばれる変形の方向を逆にした直後の変形応力は小さくなるという鋼板特性を生かし、プレス成形時に材料に残る応力を低減させた。

1.5GPa級の冷間プレス材を採用した日系自動車メーカーの乗用車の例としては、日産自動車の小型車「ノートe-POWER」がある。ボディー骨格に適用した。日産が1.5GPa級の冷間プレス材を使うのは、同車両が初めてという。強度が高くなると成形性が悪くなるという冷間プレス材の課題を克服し、新型車に適用する日本メーカーが増えてきた。

(日経クロステック/日経Automotive 久米秀尚)

[日経クロステック 2021年10月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4064件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World