メニューを閉じる
2022年7月6日(水)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(15:00):
3,838
前日比:
+26(+0.68%)

東北大学、第一三共などと共同研究 生活習慣データ収集

ヘルスケア
2022/5/23 19:02
保存
共有
印刷
その他

ウエアラブル端末を使って心拍数などのデータを集める

ウエアラブル端末を使って心拍数などのデータを集める

東北大学が運営する東北メディカル・メガバンク機構などは23日、ウエアラブル端末で生活習慣データを集める共同研究を始めたと発表した。今秋にも2000人を目標に参加者の募集を始める。睡眠などの生活習慣や血圧といった健康状態の関連性を分析する。

研究は同機構と第一三共武田薬品工業、医療スタートアップのMICIN(マイシン、東京・千代田)の共同事業。研究期間は2025年3月まで。同機構が13年以降実施してきたコホート(集団)調査の一部参加者を対象に、新たに同意を得て実施する。

参加者には米フィットビット製のスマートウオッチを貸し出し、1年間身に着けて過ごしてもらう。端末のセンサーで睡眠時間や心拍数、活動量などのデータを集め、集中的に血圧を測る期間も設ける。寝室の温度や湿度といった住環境も調べる。

参加者はアプリで自身のデータを見られるほか、1年後に統計解析値のフィードバックを受ける。集めたデータはマイシンのサーバーで保管する。これまで生活習慣の情報は参加者が調査票に書く方式が主流で、客観的な情報を得るのが難しかった。ウエアラブル端末を使うことで精度を高める。

第一三共や武田は生活習慣病の治療薬を開発してきた知見から、データを創薬に生かす方法などを検討する。データ分析では同機構がコホート調査で蓄積したDNAや血液などの試料データや生活習慣の情報とも組み合わせる。

東北メディカル・メガバンク機構と日本製薬工業協会、マイシンは20年から21年にかけて、パイロット研究としてウエアラブル端末による生活習慣データの収集を約30人で実施した。実効性を確認できたため、対象者を広げて本格的に研究する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

626件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World