メニューを閉じる
2022年8月18日(木)
9513 : 電力・ガス
プライム
JPX日経400採用

【電力卸】石炭火力と水力が主体。電力各社に供給。

現在値(15:00):
2,048
前日比:
+35(+1.74%)

Jパワー、脱炭素対応の株主提案を否決

株主総会
環境エネ・素材
2022/6/28 12:03 (2022/6/28 13:19更新)
保存
共有
印刷
その他

仏アムンディなど欧州の機関投資家らが出した株主提案を否決した(28日、東京・港)

仏アムンディなど欧州の機関投資家らが出した株主提案を否決した(28日、東京・港)

Jパワーは28日に東京都内で開いた株主総会で、仏運用大手アムンディなど欧州の機関投資家3社とオーストラリアの非政府組織(NGO)による脱炭素への対応強化を求める株主提案を否決した。

米議決権行使助言会社2社は提案への賛成を推奨したものの、全3項目の賛成比率は18~26%にとどまり、定款変更に必要となる議決権の3分の2以上の賛成は得られなかった。詳細は29日にも臨時報告書で開示する。

総会に出席したアムンディの担当者は「Jパワーの脱炭素戦略は詳細が欠如し、高コストの石炭系技術に依存している。同社は財務リスクに直面している」と説明した。Jパワーの菅野等取締役は「(石炭の次世代技術は)実証済みの技術を商用化するもの。既存の発電所に導入するため経済性もある」と説明した。

仏運用大手アムンディなどはJパワーの脱炭素目標は不十分と主張し、温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に沿った計画の策定などを求めていた。Jパワーは「企業価値向上にはエネルギー安定供給と気候変動対応の両立が必要」と反対していた。機関投資家が共同で企業に気候変動対応を求める株主提案を出すのは国内で初めて。

Jパワーは発電能力の4割を石炭火力発電が占める。2050年度に国内発電事業の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとする目標で、30年度に17~19年度の平均値から40%減らす。渡部肇史社長は株主総会で「すでに気候変動対応に関わる具体的な計画を策定し取り組んでいる。今後も情報開示の充実に努める」と話した。

【関連記事】
Jパワーに脱炭素の株主提案 物言うESG投資家、日本でも
揺れる気候変動の株主提案 商社や電力大手が反対表明
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

164件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World