メニューを閉じる
2021年10月22日(金)
8233 : 総合小売・食料品小売
東証1部
日経平均採用

【老舗百貨店】東阪に基幹店。傘下に不動産開発や建装会社も。

現在値(10:25):
1,117
前日比:
+5(+0.45%)

H2O、百貨店とスーパーの2本柱「関西ドミナント戦略」

日経ビジネス
コラム
ネット・IT
サービス・食品
小売り・外食
2021/8/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

H2Oの荒木直也社長は万代について「生鮮品や売り方、価格設定などで阪急オアシスなどにはない部分を持っている」と話した

H2Oの荒木直也社長は万代について「生鮮品や売り方、価格設定などで阪急オアシスなどにはない部分を持っている」と話した

日経ビジネス電子版

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)が、食品スーパーマーケットを中心とする食品事業の強化を急いでいる。新型コロナ禍で百貨店は厳しい経営を強いられ、業態としての限界が指摘された。大手各社が生き残りに向けた手を模索する中でH2Oが選んだのは百貨店とスーパーの小売り2本柱戦略。成算はあるだろうか。

「食品事業を第2の柱として育てていきたい」。7月28日、関西のスーパーマーケット大手の万代(大阪府東大阪市)と包括業務提携をすると発表したH2Oの荒木直也社長は会見でこう話した。

主力の百貨店業態で、H2Oはかねて非対面の売り方を模索してきた。オンラインで社員が説明しながら商品を販売していくライブコマースや、電子商取引(EC)商品と店頭商品の在庫連携に力を入れている。

百貨店でデジタルシフトを進めながら、成長に向けて選んだ当面の策が食品スーパー中心の食品事業の強化だという。H2Oと同様に関西圏で店舗を展開し、156店を持つ万代と組み、プライベートブランド(PB)の共同開発、物流機能の相互利用のほか、デジタル分野ではポイントシステムの協業に取り組む。

H2Oの荒木社長は万代について「生鮮品や売り方、価格設定などで(H2Oのスーパー業態である)阪急オアシスなどにはない部分を持っている」と話した。

H2Oは関西圏で高級スーパーの阪急オアシスなどを展開している

H2Oは関西圏で高級スーパーの阪急オアシスなどを展開している

H2Oと万代は出店地域もばらつきがある。万代の主な商圏は大阪市内のほか、大阪府の東部、南部、奈良県などが中心で、H2Oは大阪市内のほかに京都市内や大阪北部を含む北摂地域などが中心だ。商圏のかぶっている地域でも物流機能の相互利用などで相乗効果が図れると見ている。

新モデルでの競争が始まった

百貨店業界はコロナ禍で強烈な逆風にさらされ、多くの店が幾度もの一時休業や営業時間の短縮に追い込まれた。ただ、業態としての弱さは以前から指摘され、コロナ禍でインバウンド需要が消失すると、業績を支えるすべを持たなかった。

大手はこぞってビジネスモデルを見直しており、三越伊勢丹ホールディングスは仮想現実(VR)を使った販売や、店舗で客の全身を3D計測するといった新たな取り組みを急ぐ。高島屋は千葉県流山市で複合型商業施設を運営するなど不動産業に力を注ぐ姿勢が鮮明だ。

一方、H2Oが選んだのは食品スーパーマーケット。既に高級スーパーの阪急オアシスのほか、2014年に経営統合したイズミヤなど178店舗を持つ。H2Oの21年3月期決算は百貨店事業の売上高が3478億円なのに対し、食品スーパー中心の食品事業は2811億円と百貨店業界の他社に比べてもスーパーの比率が高い。現状の事業ポートフォリオのなかで即効性が高いと判断したようだ。

14年に準大手のイズミヤを経営統合。かねてスーパー業態に力を入れている

14年に準大手のイズミヤを経営統合。かねてスーパー業態に力を入れている

百貨店と対照的にスーパーマーケット業界に追い風が吹いていることも食品事業強化の背景にある。経済産業省の商業動態統計によると、2020年の業界の販売額は約14.8兆円。約13.1兆円だった19年に比べ1割以上増えた。巣ごもりで消費が郊外のスーパーにシフトしている。

しかし、荒木社長はスーパーマーケット業界について「21年の秋以降はコロナ禍も落ち着き、厳しい経営環境になると思う。デリバリーの伸長やドラッグストアなどの他業態の参入もあり、競争が激化する」と話した。コロナ禍の間、業界にイノベーションが起きたわけではなく、消費者の買う場が変わっただけだという現実を冷静に判断している。

感染症が収束すれば消費の動向が再び変わり、スーパーに向かい風が吹くシナリオも考えられる。そうなれば、百貨店とスーパーの両輪で関西地域の小売りを一挙に担うH2Oの「関西ドミナント戦略」は行き詰まりかねない。

万代との提携は事業の効率を引き上げ、利益率を高めるうえでプラスになるとみられる。ただ、ポイントの相互利用などだけでは、努力をしただけのリターンにとどまってしまう。これまでにない商品や新たなソリューションを買い手に提供できるようなジャンプアップの枠組みが必要だ。

それでも「関西圏」「小売り」という2つのキーワードで巻き返す当面の策は明示したといえる。スーパーと百貨店の両業態で相乗効果を生んだり、H2Oの潜在力を引き出したりするような次の一手が求められる。

(日経ビジネス 田中創太)

[日経ビジネス電子版 2021年8月19日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

514件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World