メニューを閉じる
2023年2月1日(水)
9201 : 空運
プライム

【航空大手】10年1月に破綻後、市場にスピード復帰。路線別採算管理を徹底。

現在値(15:00):
2,744
前日比:
-6(-0.22%)

日本製紙、JAL国内線で使用する紙コップをリサイクル

環境エネ・素材
サービス・食品
2022/11/21 18:20
保存
共有
印刷
その他

紙製コップや蓋、マドラーを回収し段ボール原紙にリサイクルする

紙製コップや蓋、マドラーを回収し段ボール原紙にリサイクルする

日本製紙日本航空(JAL)の国内線の一部路線で、紙製のコップやマドラーを回収してリサイクルすると発表した。羽田―那覇線で就航する一部機体を対象とし、12月1日から回収を開始する。まずは段ボール原紙などにリサイクルする予定で、今後さらに対象路線を拡大する。

JALは2022年10月から、国内線の機内サービスで使うコップの蓋をプラスチック製から紙製に順次切り替えている。使用後の紙製コップや蓋、マドラーを回収し、日本製紙の草加工場(埼玉県草加市)でリサイクルする。

紙コップの表面には防水などのために薄いプラスチック塗装がされているが、紙とプラスチックを分離して繊維をほぐす。まずは段ボール原紙などにリサイクルする予定だ。

紙コップのリサイクルでは、表面のプラスチックや飲食物の残りを紙と分離することが課題だった。日本製紙はこの分離処理を研究し、22年10月に富士工場(静岡県富士市)で再資源化の新設備を稼働した。これまで処理コストなどの問題で回収量が一定に達した場合しか新設備を利用できなかったが、JALとの取り組みにより、定期的に大量回収できるめどが立った。

今後はさらに対象路線を広げ、回収量が一定基準に達したタイミングで富士工場の新設備を使用する。富士工場の新設備ではトイレットペーパーなどの家庭紙にリサイクルできる。羽田空港発着の国内線約400便で回収した場合、1日に約3万個の紙コップが回収できるという。トイレットペーパーにリサイクルすれば960ロール分になる計算だ。

初割ですべての記事が読み放題

今なら2カ月無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

977件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World