メニューを閉じる
2022年5月26日(木)
7203 : 自動車 日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
2,082.0
前日比:
+38.5(+1.88%)

トヨタ、EVシフトへ本気示す 「後ろ向き」レッテル払拭

日経ビジネス
EV
コラム
自動車・機械
2022/1/18 2:00
保存
共有
印刷
その他

EV戦略について説明するトヨタの豊田章男社長

EV戦略について説明するトヨタの豊田章男社長

日経ビジネス電子版

2021年12月の記者会見で電気自動車(EV)への本気度を示したトヨタ自動車。しかし「ハイブリッド車(HV)にこだわる姿勢から方針転換した」といった報道には違和感を覚える。

トヨタ自動車の記者会見は驚きの連続だった。同社は2030年に年間350万台のEV販売を目指す。従来目標は燃料電池車(FCV)とEVを合わせて200万台。いったん掲げた目標を7カ月で修正した。

350万台と言えば、独ダイムラーやスズキの全販売台数に匹敵する。それを現在、EV販売で世界のトップ10にも入らないトヨタが、わずか8年余りで実現するという。

これから販売するEVを16車種、ステージ上で披露したシーンも圧巻だった。自動車業界で、今後の商品計画をここまで一気に「見える化」した例は記憶がない。

この発表を受けて、メディアは一斉に「トヨタがEVで大攻勢」「本気のEVシフト」などと報じた。だが、「HVに固執していたトヨタが変節した」といった論調には、腑(ふ)に落ちないところもある。

元来トヨタはEVで攻勢をかけようと思えば、かけるだけの実力を持っていた。他社に先駆けてバッテリーなどEVのコア部品をHV上で実用化し、知見を蓄えてきた。

それでもEVシフトを進めなかった理由はいくつかある。1つめは「そもそも顧客が望んでいるのか」と懐疑的だったこと。EVは依然としてバッテリーの充電時間や寿命、航続距離などに課題を抱えており、顧客に不便を強いる。現に多額の補助金を付けてEVシフトを進めようとしている欧州でも、いまだにHVはEVの2倍以上売れている。

2つめに、EVシフトは国・地域によっては脱炭素につながらない。EVに搭載するバッテリーの製造には、多大なエネルギーを要する。再生エネルギーの割合が高い欧州ならともかく、火力に依存する国では、EVシフトはかえって二酸化炭素の排出量を増やしかねない。電力不足を助長し、電気代の上昇を招く恐れもある。

「後ろ向き」レッテルを払拭

3つめに、安全保障上の懸念が浮上している。EVに用いられるレアメタル(希少金属)の生産は一部の国に偏る傾向が強く、特に中国のシェアが高い。とりわけモーターに使われる高性能磁石の原料を中国が押さえていることには、世界的に警戒感が広がっている。

それでもトヨタがこの時期に目標を上積みしたのは、なぜか。

「EVに後ろ向き」というレッテルを払拭し、風向きを変えたかったからだろう。環境団体のグリーンピースは先ごろ、世界の自動車大手10社の気候変動対策についてトヨタを最下位に位置付けた。こうした評価が続けば、ブランドイメージが傷つく。

株式市場からの圧力もあった。米テスラの時価総額は100兆円を超えている。トヨタの約3倍だ。販売台数でトヨタグループの10分の1にも及ばないEVメーカーが資金調達で優位に立つ状況は、看過できない。

同社は今後も全方位戦略を貫く。30年までにEVに4兆円を注ぎ込む一方で、他の電動車向けにも4兆円を投じる。引き続き、HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、FCVなどの品ぞろえも強化する。トヨタは今でも本音では「急激なEVシフトはやがて世界中で軌道修正を迫られる」と踏んでいるのではないか。

筆者の経験で言えば、海外では遠い目標に対する必達意識は日本よりも薄い。そうしたことを踏まえたうえで、トヨタは「仮にEVシフトが進んでも、十分対応するだけの備えはある」と強調したかったのだろう。

50年のカーボンニュートラルに向けた道筋は、各国の実情に合わせたものであるべきだ。欧米や中国の動きにあおられ、追従するのは避けた方がよい。トヨタの会見から読み取れるのは、日本政府や産業界に対するそんなメッセージだ。

(日経ビジネス編集委員 山川龍雄)

[日経ビジネス 2022年1月10日号の記事を基に再構成]

【関連記事】
トヨタEV元年、市場が見つめるコスト低減の真価
トヨタ米首位、真価問われるEV戦略 参入増え競争激化
ホンダ、車走らす脳テック 安全技術で新興勢と火花

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4226件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World