メニューを閉じる
2021年7月24日(土)
3407 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学】住宅、化学品、医療、繊維、建材などに多角化。

現在値(15:00):
1,180.0
前日比:
+16.5(+1.42%)

電池開発強化で自民議連 旭化成吉野氏「崖っぷちだ」

BP速報
カーボンゼロ
蓄電池
エレクトロニクス
自動車・機械
環境エネ・素材
自動運転
科学&新技術
2021/6/14 12:45
保存
共有
印刷
その他

設立総会に出席した安倍晋三前首相(撮影:日経クロステック)

設立総会に出席した安倍晋三前首相(撮影:日経クロステック)

日経クロステック

国内の電池産業強化に向けて、自民党の有志議員らによる議員連盟が11日に発足した。名称は「未来社会を創出する、バッテリー等の基盤産業振興議員連盟」。会長には甘利明党税制調査会長が就任し、顧問は安倍晋三前首相が務める。

同日開かれた設立総会には、旭化成名誉フェローで、2019年にノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が出席。「現在の日本の電池メーカーや電池材料メーカーは崖っぷちに立たされている。電気自動車(EV)の国内市場の形成が喫緊の課題だ」(同氏)と危機感をあらわにした。

顧問の安倍氏は、設立総会において、「国家戦略を持って政策で支援していくべき産業だ」と電池産業の重要性を強調。会長の甘利氏も、「電池産業は初期投資額が桁違いに大きい。民間事業者に任せるのではなく、政策の面から後押しする必要がある」と、官民共同の体制が不可欠であることを示した。

設立総会では、以下の項目を政府に対して働きかけるという決議を採択した。

(1)蓄電池・材料の大規模生産拠点の国内立地に対して支援策を講じる
(2)次世代蓄電池の早期実用化を目指して、グリーンイノベーション基金などを活用した国家プロジェクトを進める
(3)蓄電池のグローバルなサプライチェーンの強靭(きょうじん)化を図る
(4)欧州などに蓄電池や電動車を輸出可能とする制度的基盤を整備する
(5)安価で安定した脱炭素エネルギーの安定供給を図る
(6)国内における電動車の普及拡大に向けた包括的な措置を講じる
(7)電動車や定置用蓄電池をエネルギーシステムの中で活用する「仮想発電所(VPP)」の取り組みを強化する

設立総会で講演した吉野氏は、国内の電池産業が苦境に陥っているという現状認識を示した。リチウムイオン2次電池(LIB)の最大の用途であるEVの普及が進んでいないためだ。

設立総会で基調講演をする吉野彰氏(撮影:日経クロステック)

設立総会で基調講演をする吉野彰氏(撮影:日経クロステック)

「中国や欧州はEVの販売台数が着実に伸びており、米国も政権交代を受けて今後伸びていくだろう。一方の日本はガラパゴス状態のままだ」(吉野氏)。ガラパゴス状態とは、電動車販売においてEVの割合が低く、プラグインハイブリッド車(PHEV)の割合が高止まりしている状態を指している。国内の電池メーカーは、こうした自動車市場の影響を受けて、「海外自動車メーカーを顧客とすることで崖っぷちをしのいでいる」(同氏)とする。

現状の課題解決に向けて同氏は、国内のEV市場の活性化、EVに搭載される蓄電池を積極的に活用したVPPの普及、次世代モビリティーの発展に向けた無人運転技術の開発、などを重要項目に挙げた。

(日経クロステック/日経エレクトロニクス 土屋丈太)

[日経クロステック 2021年6月11日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

303件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World