メニューを閉じる
2022年5月20日(金)
7270 : 自動車
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【トヨタ系】水平対向エンジンと四輪駆動技術が特徴。米市場が主力。

現在値(10:37):
2,131.0
前日比:
+19.5(+0.92%)

スバル、レース用EV発表 ヤマハ発動機の駆動装置採用

カーボンゼロ
EV
2022/1/14 12:50
保存
共有
印刷
その他

SUBARU(スバル)傘下のモータースポーツ統括会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は14日、レース用の電気自動車(EV)のコンセプト車を世界初公開した。ヤマハ発動機が開発した駆動装置を採用し、高い出力レベルを実現した。脱炭素に向けモータースポーツでも電動化は欠かせないとみて、EVの開発を急ぐ。

スバル子会社が発表したレース用のEV(14日、千葉市)

スバル子会社が発表したレース用のEV(14日、千葉市)

カスタムカーの展示会「東京オートサロン2022」に、コンセプト車「STI E―RA CONCEPT」を出展した。ヤマハ発製の電動モーターと基幹部品であるギアやインバーターを一体にした電動ユニットを搭載した。車両の出力は800キロワットと1000馬力を超える。モーターを車輪ごとに付け、独自の四輪駆動システムを活用することで車体を制御する。容量60キロワット時のリチウムイオン電池を採用した。

国内のサーキットで走行実験を重ね、23年以降に24時間耐久レースの開催地である独ニュルブルクリンクサーキットで走行タイムを測る。

温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルが社会的な課題となっており、レース用の車両でも電動化の技術開発を進めてきたという。STIの平岡泰雄社長は同日、「モーター駆動になってもスバルらしい技術を磨く」と話した。

自動車各社は、量産EVの発売を急ぐ。スバルもトヨタ自動車と車台を共通開発した量産EV「ソルテラ」を今年半ばに発売する。モータースポーツでも電動化の技術力を高め、車の制御や安全性などに関わる技術を量産EVに応用する狙いがありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

371件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World