メニューを閉じる
2022年1月23日(日)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(15:00):
3,323
前日比:
-2(-0.06%)

ペプチドリーム、コロナ薬候補を22年1月にも臨床研究

新型コロナ
ヘルスケア
2021/11/11 18:15 (2021/11/11 18:40更新)
保存
共有
印刷
その他

ペプチドリームはペプチドを使ったコロナ治療薬を開発している(川崎市の研究施設)

ペプチドリームはペプチドを使ったコロナ治療薬を開発している(川崎市の研究施設)

バイオ企業のペプチドリームは11日、関連会社が開発する新型コロナウイルス治療薬候補について、2022年1月にも人への臨床研究を始めると発表した。このほど動物などを対象にした事前の試験で安全性を確認した。早ければ22年末にも実用化する考えだ。

コロナ治療薬候補「PA-001」は、ペプチドリームが4割を出資する関連会社のペプチエイド(川崎市)が手掛けている。3月から動物などを対象にした非臨床試験を進めており、このほど安全性を確認した。既に実用化されているコロナ治療薬との併用でも一定の効果が見られた。ペプチエイドには富士通なども出資している。

「PA-001」はたんぱく質の断片である「ペプチド」を使った治療薬候補だ。新型コロナウイルスの「スパイクたんぱく」と呼ばれる突起の根元部分を狙い、ウイルスが細胞に侵入するのを防ぐ仕組みだ。デルタ株など、どの変異種にも有効な薬の実用化を目指している。

ペプチドリームが同日発表した21年1~9月期の単独決算は、売上高が前年同期比2.0倍の77億円、税引き利益が同4.8倍の33億円だった。武田薬品工業や米社などとの契約に伴う一時金収入などが貢献した。同日、22年1~3月期の決算から、国際会計基準を適用すると明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

595件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World