メニューを閉じる
2021年12月7日(火)
2389 : 広告
東証1部

【ネット広告代理店】大手3社の一角。自社で情報サイトの運営も。

現在値(15:00):
1,370
前日比:
-18(-1.30%)

DNXベンチャーズ、「シード」向け30億円ファンド

スタートアップ
ネット・IT
2021/8/11 11:43
保存
共有
印刷
その他

DNXベンチャーズが日鉄興和不動産と運営する、スタートアップ向けオフィス

DNXベンチャーズが日鉄興和不動産と運営する、スタートアップ向けオフィス

ベンチャーキャピタル(VC)のDNXベンチャーズ(東京・港)が創業初期のスタートアップ向けに30億円規模のファンドを創設した。成長期の企業に投資する約330億円規模の既存ファンドに加えて新たにファンドを設けることで、創業初期のスタートアップへの投資を強化する。

新たなファンドの名称は「DNX Seed Fund(シードファンド)」。同ファンドにはデジタルホールディングス(HD)や日本政策投資銀行グループ、大手システムインテグレーター(SIer)などが出資した。既に目標金額の半分程度を集めた。年内にも30億円の調達を目指す。

デジタルHDなどの有限責任パートナー(LP)には、ファンドから投資したスタートアップを紹介し、LPによるスタートアップの買収を支援する。DNXベンチャーズの倉林陽・日本代表は「新興IT(情報技術)企業ではスタートアップの買収が一般的になってきた。デジタル時代の経営で必須のアプローチだ」と指摘する。

一方でスタートアップ買収についての「ノウハウが少ない」として、ファンド運営を通じて「LPを支援したい」(倉林日本代表)。米国では新興企業を中心に、事業会社内にスタートアップの買収を担う「Corp Dev(コープ・デブ)」と呼ばれる部門が存在する。DNXベンチャーズは国内LPのコープ・デブを支援し、新興企業のM&A(合併・買収)を促す。

DNXベンチャーズの倉林日本代表は「日本社会のアップデートに役立つ技術に投資したい」と話す

DNXベンチャーズの倉林日本代表は「日本社会のアップデートに役立つ技術に投資したい」と話す

シードファンドではBtoB(法人向け)の事業を展開する国内のスタートアップに、上限5000万円をめどに投資する。対象は事業を本格的に開始する前にあたる「シード」の段階のスタートアップ。既に不動産管理ソフト開発のヤモリ(東京・渋谷)など6社に投資した。

これまでも成長期の「シリーズA」向けのファンドに「シード」のスタートアップへの投資枠を設けてきたが、あらかじめ金額を設定していたため「シード投資が途切れてしまう懸念があった」(倉林日本代表)。新たに専用ファンドを設けることで「シード」段階からの投資を積極化する。シードファンドで出資した企業には「シリーズA」以降に既存ファンドからの追加出資を検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World