メニューを閉じる
2023年2月6日(月)
5019 : 鉱業・エネルギー開発
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【元売り大手】昭和シェルと経営統合。有機EL材料などにも強み

現在値(9:28):
3,135
前日比:
+55(+1.79%)

元売り大手が上方修正 ENEOSなど原油高・円安で

環境エネ・素材
2022/11/10 20:06
保存
共有
印刷
その他

ENEOSホールディングス(HD)など石油元売り大手3社の2022年4~9月期連結決算が10日出そろった。そろって23年3月期の純利益見通しを上方修正したが、原油高と円安で在庫評価益がふくらんだ影響が大きい。脱炭素などで石油需要は中長期的な減少が予想され、各社とも稼ぐ力の再構築が求められる。

最大手のENEOSHDは同日、23年3月期の純利益予想(国際会計基準)を前期比39%減の3300億円に上方修正した。従来予想に1600億円を上乗せした。営業利益予想も3400億円から5600億円に引き上げたが、この上方修正はすべて在庫影響によるものだ。

通期の原油価格の想定は1バレル当たり90ドルから96ドルに修正し、為替は1ドル=120円から137円に見直した。

同社のエネルギー事業は各地の製油所で生産トラブルが相次ぎ、在庫影響を除く営業利益の見通しを200億円下方修正した。その分を資源高の追い風を受ける石油・天然ガス開発事業の上方修正でカバーする。

コスモエネルギーHDも同日、23年3月期の純利益見通しを220億円上方修正したが、在庫影響を除いた経常利益は1500億円と従来予想から50億円引き下げた。同社は千葉県市原市と堺市の製油所でトラブルがあったのが要因だと説明した。

ENEOSHD株は午後1時の決算発表の直後、前日比3%安まで売られ、この日の安値を付けた。8日の取引終了後に純利益予想を450億円上方修正した出光興産の株価は2日間で6%下げた。

国内の燃料油消費量は自動車の燃費改善などで年々減っており、元売り各社は市場の先細りに直面している。脱炭素の機運が世界的に高まる中、次の成長の柱として再生可能エネルギー事業を育てることが急務になっている。

初割ですべての記事が読み放題

今なら2カ月無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

414件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World