メニューを閉じる
2022年7月3日(日)
9022 : 陸運 日経平均採用 JPX日経400採用

【東海道新幹線】好採算の新幹線が収益源。グループで新事業展開。

現在値(15:00):
15,400
前日比:
-255(-1.63%)

JR6社、GWの輸送人員約2.5倍 コロナ前には届かず

Think!
サービス・食品
2022/5/9 17:47
保存
共有
印刷
その他

ゴールデンウイーク終盤、利用客で混雑する東北新幹線のホーム(7日、JR東京駅)=共同

ゴールデンウイーク終盤、利用客で混雑する東北新幹線のホーム(7日、JR東京駅)=共同

JR東日本などJR旅客6社は9日、ゴールデンウイーク(GW)の期間を含む4月28日~5月8日の新幹線や特急指定席などの輸送人員が計約907万人で、2021年の同期比で約2.5倍になったと発表した。新型コロナウイルス禍以降、3年ぶりに行動制限などがないGWとなり、旅行や帰省による利用が増えた。ただコロナ禍前の18年に比べると75%の水準にとどまり、本格的な回復には至らなかった。

JR東では期間中の利用者が297万1千人と、前年同期比217%だった。1日あたりのピークは下り方面が20万6千人(5月3日)、上り方面が23万4千人(5月5日)だった。東北新幹線で前年同期比215%になるなど新幹線利用が伸びた。近距離でも、東京駅の利用者数が同224%になるなど回復傾向がみられた。

JR東海の期間中の利用者は前年同期比271%となる323万7千人。東海道新幹線の利用が同274%となり、「(同新幹線の利用が)大きく押し上げた」(JR東海)と分析する。JR西日本では山陽新幹線の利用者が132万4千人(同285%)、在来線特急が同293%となった。

ただ各社とも新型コロナ前の水準までは、回復しきれていない。急行列車を含めた利用者数をみると、JR東は18年同期比で69%にとどまった。JR西は同75%。6社の中で最も回復率が高かったJR東海も同84%だった。JR東の熊谷英治運輸車両部次長は「各地から首都圏に来る人の動きが鈍かった。今年は日取りもよかったため、もう少し乗ってもらえればとの思いもある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

565件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World