メニューを閉じる
2022年8月9日(火)
6502 : 総合電機

【重電大手】発電設備や上下水道システムなどインフラ中心。保守や運用などサービスに注力。

現在値(15:00):
5,379
前日比:
+60(+1.13%)

東芝の綱川議長、大株主の取締役候補「提案・推奨する」

株主総会
エレクトロニクス
2022/6/7 14:11
保存
共有
印刷
その他

東芝取締役会議長の綱川智氏

東芝取締役会議長の綱川智氏

東芝取締役会議長の綱川智氏は7日、28日の定時株主総会に諮る取締役候補についての声明を発表した。社外取締役の綿引万里子氏(元名古屋高裁長官、弁護士)が物言う株主(アクティビスト)幹部2人を新たに取締役として受け入れることに反対したことについて、「株主の皆様に対し、他の取締役候補者と等しく、提案・推奨している」とした。

総会では取締役13人の選任を諮る。うち2人が大株主である投資ファンドの幹部で、東芝は招集通知に綿引氏が反対したと注記していた。綱川氏は3月に社長を退任したが、取締役会議長は続投し、今回の人事案をまとめた。

声明で綿引氏の反対について「個人的な見解であり、2人を取締役候補者として支援する当社の立場に影響を与えるものではない」とした。また、2人が取締役会に加わることで「株主と経営陣はより足並みをそろえることができる」とし、招集通知に記載した議案の提案理由を改めて述べた。

綿引氏は東芝には既にアクティビストとの協議を経て受け入れた社外取締役が4人いることなどから2人の受け入れについて、「取締役構成の多様性や公平性でバランスを欠いていると判断せざるを得ない」と反対している。

2人は、米資産運用会社ファラロン・キャピタル・マネジメントの今井英次郎氏と米エリオット・マネジメントのナビール・バンジー氏。2人の受け入れは指名委員会委員長のレイモンド・ゼイジ氏が主導し、ゼイジ氏もファラロンの出身だ。実際に選任されれば、取締役13人中少なくても6人を大株主の推薦者や幹部が占めることになる。

綱川氏は今回の総会で取締役からも退任する。後任の取締役会議長は新任の社外取締役候補でGCA創業者で現フーリハン・ローキー会長の渡辺章博氏を予定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1097件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World