メニューを閉じる
2022年1月26日(水)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
2,221.5
前日比:
-15.0(-0.67%)

ホンダ「N-BOX」5カ月ぶり首位、11月の車名別新車販売

自動車・機械
2021/12/6 14:43
保存
共有
印刷
その他

ホンダの軽自動車「N-BOX」は5カ月ぶりに新車販売で首位になった

ホンダの軽自動車「N-BOX」は5カ月ぶりに新車販売で首位になった

自動車販売会社の業界団体が6日に発表した11月の車名別新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N-BOX」が首位に立った。トップに立つのは6月以来、5カ月ぶり。上位10車種のうち6車種が前年同月に比べて販売が増加した。半導体などの部品不足による販売不振が一服しつつある。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した。

1位のN-BOXは前年同月比1.3%減の1万5482台だった。普通車(登録車、排気量660cc超)と軽自動車の中で最も販売が多かった。2位はトヨタ自動車の主力車「カローラ」で、同41.2%増の1万3631台だった。普通車の中では販売トップだった。カローラが普通車で首位に立つのは20年3月以来20カ月ぶり。9月に発売したカローラシリーズで初の多目的スポーツ車(SUV)「カローラクロス」がシリーズ全体の販売を押し上げた。カローラクロスの11月の販売は7302台と、シリーズ全体の5割強を占める。3位はトヨタの「ヤリス」で、前年同月比40.1%減の1万1940台だった。

1~11月の合計販売台数は、トヨタのヤリスが19万6020台でトップだった。2位のホンダのN-BOXとは約2万台の差がついており、21年通年でもトップを維持する可能性が高そうだ。

自動車業界全体では、半導体不足による供給制限が徐々に緩和されつつある。10月の販売上位10車種のうち前年同月を超えたのは4車種にとどまったが、11月には6車種に増加した。業界では「夏から秋にかけては部品不足が深刻だったが、足元の生産は回復傾向にある」(大手自動車幹部)という見方が大半で、生産の回復に伴い販売も戻りそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3981件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World