メニューを閉じる
2021年7月30日(金)
9503 : 電力・ガス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【高い原発依存度】関西経済界の代表格。原発代替電源確保が課題。

現在値(15:00):
1,051.5
前日比:
-1.5(-0.14%)

日本通信、6ギガ1390円のプランを発表 業界最安値水準

携帯料金見直し
ネット・IT
2021/6/3 18:12
保存
共有
印刷
その他

日本通信は3日、データ通信量6ギガ(ギガは10億)バイトに1カ月あたり70分までの無料通話を含めた月1390円(税込み)のプランの提供を開始したと発表した。同規模のデータ通信量のプランとしては格安スマートフォン大手で最安値水準となる。

「合理的みんなのプラン」の提供を開始した。大手携帯キャリアが格安スマホ事業者に対してデータ通信や音声通話の卸料金を引き下げたことで、低価格プランの提供が可能になった。通信料が6ギガを超えた場合は1ギガあたり275円、通話時間が70分を超えた場合は30秒あたり11円の追加料金がかかる。この追加料金も業界最安値水準だ。

中容量のプランを巡っては、NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が6ギガ1320円のプランを提供する。音声通話は30秒あたり11円かかる。独立系大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)は8ギガ1518円(音声通話は30秒あたり11円)、関西電力の通信子会社オプテージ(大阪市)の「マイネオ」は5ギガ1518円(音声通話は30秒あたり22円)。

日本通信の福田尚久社長は「政府・総務省の支援策により、格安スマホ事業者も携帯料金の価格競争に正面から取り組める環境が整ってきた」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

828件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World