メニューを閉じる
2022年1月19日(水)
9201 : 空運
東証1部

【航空大手】10年1月に破綻後、市場にスピード復帰。路線別採算管理を徹底。

現在値(15:00):
2,115
前日比:
-26(-1.21%)

JALなど航空9社、再生燃料を米社から共同調達へ

カーボンゼロ
サービス・食品
2021/12/1 14:48
保存
共有
印刷
その他

航空の脱炭素に欠かせない再生燃料「SAF」の調達が急がれている

航空の脱炭素に欠かせない再生燃料「SAF」の調達が急がれている

日本航空(JAL)など航空連合「ワンワールド」に加盟する航空会社9社はこのほど、脱炭素につながる再生燃料(SAF)の共同調達に乗り出すと発表した。米国の再生燃料メーカーが製造するSAFを2024年からの7年間で130万㌔㍑調達し、米国発の定期便に搭載する。SAFは航空機の運航で出る二酸化炭素(CO2)の大幅な削減につながるが、世界的に供給量が少なく、連携して安定調達につなげる。

JALのほか、アラスカ航空、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどが参加する。調達先は廃食油などを原料にSAFを製造するアメティス(カリフォルニア州)。アメティスは今後、米国でSAFの量産工場の建設を計画している。JALなどは24年から、サンフランシスコ国際空港発の定期便に調達したSAFを搭載する。

廃食油や植物を原料にしたSAFを使うと、化石燃料だけで運航した場合に比べて、実質的なCO2排出量を8~9割削減できる。一方で供給量は世界で必要な航空燃料の1%以下とされ、航空各社が国産化や輸入調達を進めている。

JALは30年に全燃料搭載量の10%をSAFに置き換えることを目指し、米社などからの調達を急ぐ。国内では全日本空輸(ANA)も欧米企業からの輸入調達のほか、国産化に向けた製造事業者への働きかけなどを進めている。10月にはANAとJALが共同でリポートを発信し、SAFの普及や国産化への活動で協力することを表明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1094件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World