メニューを閉じる
2021年8月5日(木)
7269 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【小型車、二輪大手】軽自動車に強み。インドでは市場シェア首位。

現在値(14:59):
4,489
前日比:
-23(-0.51%)

日経平均終値、2万8010円 953円安で4カ月ぶり下げ幅

Think!
2021/6/21 10:47 (2021/6/21 16:29更新)
保存
共有
印刷
その他

21日の東京株式市場で日経平均株価は前週末比953円15銭(3・3%)安と急落し、下げ幅は約4カ月ぶりの大きさとなった。18日に米連邦準備理事会(FRB)の高官が2022年後半への利上げの前倒しを示唆する発言をしたため、世界的に景気回復が鈍化するとの懸念から売りが膨らんだ。

日経平均の終値は2万8010円93銭だった。一時1100円超下げ、2万7800円を割り込む場面もあった。4日続落は3月以来で、東証1部上場銘柄の93%が下落するほぼ全面安の展開となった。

セントルイス連銀のブラード総裁は「インフレが加速すれば22年後半にも最初の利上げをするだろう」と発言した。想定以上の米利上げの早期化が、コロナ禍からの景気回復一巡後の持続的な経済成長に冷や水を浴びせかねないとの懸念が高まった。

機械や化学、自動車など、世界の景気に連動しやすい輸出企業株の多い日本株は、アジアの中でも売りが大きかった。ファナックが6%安、三菱ケミカルホールディングススズキが5%安となった。日本株の予想変動率の低下が続いてきた中で、海外や個人の投資家が積み増していた持ち高に利益確定売りを出す動きが強まった。

【関連記事】
「22年にも利上げ」に市場動揺  成長持続に確信持てず
FRBに拒絶反応 NYダウ5日続落(NY特急便)

新興市場でも東証マザーズ指数や日経ジャスダック平均株価がそろって下落し、投資家のリスク回避姿勢が広がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

576件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World