メニューを閉じる
2022年5月16日(月)
8905 : 不動産・住宅
プライム
JPX日経400採用

【イオングループ】ショッピングセンターの開発専業。

現在値(15:00):
1,558
前日比:
+8(+0.52%)

暮らしに役立つ優待を厳選 お得な使い方にもこだわる
達人の配当&優待ライフ(下)

日経マネー
株式投資
株主優待
増やす
2022/1/21 5:00
保存
共有
印刷
その他

ひらまつの優待フェアで宿泊したホテルの夕食でふるまわれた豪華食材(夕刊マダムさん撮影)

ひらまつの優待フェアで宿泊したホテルの夕食でふるまわれた豪華食材(夕刊マダムさん撮影)

配当や株主優待が魅力的な銘柄に投資して、安定的な利益を享受している個人投資家の投資手法や優待活用法を紹介する「達人の配当&優待ライフ」。最終回は、生活に役立つ優待を使いこなす夕刊マダムさん(ハンドルネーム)の優待ライフを取材した。
【関連記事】
年間配当は1200万円 株主優待も外食中心に楽しむ
優待銘柄200超に分散投資 株価変動に動じず長期保有

食品や日用品の購入に優待をフル活用

ブログ「夕刊マダムの悠々優待生活♪」で日々の優待生活をつづっている夕刊マダムさん。その優待生活の特徴は、自分や家族が実際に使う優待を取得し、効率よく優待券を活用して生活費を節約するところにある。2021年の優待活用による節約額はおよそ105万円にのぼったという。

もともと趣味の映画鑑賞の券を入手するために投資を始め、そこから生活に役立つ優待取得へと投資の方向性が定まっていった。

自分や家族が買い物でよく利用する店舗の運営会社が上場していないか、上場していれば株主優待を導入していないかを必ず調べる。「酒販店のやまやを、当時一人暮らしをしていた娘が利用していると聞いて調べたら、年に2回3000円分の商品券がもらえることが分かった。お酒以外に食品やソフトドリンクの扱いもあり、ここの優待なら取得すれば家族が使うだろうな、と思って買った」(夕刊マダムさん)といった具合だ。

割引デーやスマホアプリも欠かさずチェック

夕刊マダムさんが生活に役立つ優待の代表格として挙げるのはイオンをはじめとするイオングループ各社の優待。自宅近くに店舗があり、日常の買い物でよく利用しているためだ。そのイオンの優待は保有株数で返金率が異なるオーナーズカード。例えば100株保有なら、買い物額の3%分が返金される。これにイオン北海道の割引券やイオンモールのギフトカードなどを併用して、買い物額を節約している。もちろん買い物は5%オフになる20日、30日が外せない。

また頻繁に利用する店舗なら、スマートフォンの専用アプリもダウンロード。アプリ経由で配布される優待と併用可能なクーポンなども活用している。

せっかく取得した優待を効率よく使うことも忘れない。昨今の買い物券優待では「1000円の買い物ごとに1枚使える500円券」など、買い物額に応じて使える枚数が決まっているものが多い。1000円ごとに1枚使える券なら、1000円、2000円といった額にまとめればベストな割引率になる。しかし買い物額が1600円など条件金額を大きく上回ると買い物額に対する割引率は低下する。このため、あらかじめ総額がキリのいい額になるよう、買い物額を試算してから買うようにしている。

優待を活用して豪華ホテルに宿泊

こうした工夫を重ねて生み出したのが年間100万円超という節約額。ただし、夕刊マダムさんは優待で節約のみを目指しているわけではない。21年12月にはひらまつの優待フェアを利用して、夫婦二人でラグジュアリーホテルに宿泊する旅行を体験した。ひらまつの優待フェアは、株主を割引価格で自社施設に招待するというもの。このフェアに応募して三重県にあるホテルに自費を足して宿泊。決して安くはない額を出費して旅行を楽しんだ。

「大きな出費はしたが、普段はできない体験ができ、また明日から頑張ろう、と思えた。あれやこれやと優待を取得してそれに振り回される生活をするのではなく、自分が使いたいお気に入りの優待を取って楽しむスタイルを続けたい」と夕刊マダムさんは話す。

(佐藤由紀子)

[日経マネー2022年3月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年3月号 持ちっぱなしで資産が増える 高配当株&優待株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2022/1/20)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

263件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World