メニューを閉じる
2023年2月3日(金)
8301 : 銀行
東証

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(10:16):
24,900
前日比:
-300(-1.19%)

日銀・野口審議委員、賃金上昇「ノルムの転換必要」

金融政策
金融
2022/12/1 11:56
保存
共有
印刷
その他

金融経済懇談会に出席する日銀の野口審議委員(1日、秋田市)

金融経済懇談会に出席する日銀の野口審議委員(1日、秋田市)

日銀の野口旭審議委員は1日の講演で、賃金上昇には「『物価は上がらないもの』という物価観の転換、すなわち『物価のノルム(社会通念)』の転換が必要」と述べた。物価の基調が低い日本では「インフレ予想の上昇が賃金上昇に結びつく必要がある」と指摘し、金融緩和の継続は「そのための最も基本的な要件」と強調した。

秋田県の経済界関係者らが参加する金融経済懇談会で講演した。消費者物価の上昇率が10月に3.6%に達したことについて「基本的には輸入材価格上昇の影響」と分析。海外からのコストプッシュ要因が剥落すれば「再び2%を下回る」と見通したうえで、「物価が基調的に上昇していくことが必要」との認識を示した。

一方で、足元の価格転嫁の広がりについて「物価が上がらないことを前提とした企業の行動原理が変わりつつあることを示している可能性がある」と期待感も示した。物価のノルムが変化することが2%の物価目標を持続的・安定的に達成するうえで「重要なポイントになる」と話した。

急激な円安を巡っては「各経済主体の調整コストを増加させるという不利益を生む」とマイナス面に言及した。ただ、変動相場制において金融政策は「国内マクロ経済の安定に割り当てられている」として政策修正には否定的な見解を示した。

初割ですべての記事が読み放題

今なら2カ月無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

5736件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World