メニューを閉じる
2022年8月8日(月)
8301 : 銀行
東証

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(14:22):
26,280
前日比:
--(--%)

1ドル=136円、苦境ヘッジファンドを救ったミスタークロダ

2022/6/22 11:45
保存
共有
印刷
その他

2022年5月のヘッジファンドのパフォーマンスは惨憺(さんたん)たる状況だったことを欧米外電や経済紙が相次いで報じている。やはり米ハイテク株暴落が効いた。

具体名としては、まず大手のタイガー・グローバルの名前が挙がる。リターンが5月にはマイナス14%、年初からはマイナス52%まで落ち込んだ。

カリスマ富豪投資家のアックマン氏も、5月マイナス9.5%、年初からはマイナス18.2%に沈んだ。

その他の事例も、枚挙にいとまがない。

かくしてヘッジファンド受難の5月となったが、その渦中で貴重な成果を得たのが円売りトレードであった。

多くのヘッジファンドが殺到した結果、世界の外為市場で、ドル円の4~6月期の通貨ペア売買実績が、これまで断トツであったドル・ユーロに肉薄した可能性が指摘されている。

3年ごとに発表される国際決済銀行(BIS)外為サーベイの通貨ペア別売買実績(日次)によれば、2019年には1位のドル・ユーロが4163億ドル、2位がドル円の2599億ドルであった。それが今年発表の数字では、1位と2位の差がかなり縮小している可能性がある。米国メディアの外為関連報道でも、本日の為替レート発表順で、ドル円が最初にくる事例が最近は増えている。

国際通貨投機筋の視点では、いわゆる安全資産三兄弟(米国債、円、金)から円が脱落した。いまや海外にある資金を自国内に戻す、有事のレパトリエーションで円が買われる状況は考えにくい。日銀金融政策もポスト・クロダをにらんでいるが、誰が後釜になろうと、大幅な政策変更は無理筋と断じている。「我々が円売りでもうけられたのもミスタークロダのおかげ」との謝意も寄せられている。

金融当局の介入も、いまや民間市場は高速度取引が席巻(せっけん)しており、世界の主流に逆らってドル売りに動いても、介入の実効性は極めて疑わしい。実務面では未体験ゾーンの高速度介入に対応できるのか、定かではない。為替ブローカー経由でスイープ(市場に出ている注文を全売り・全買い)という旧来型ではもはや追いつかぬ。

さらに、日本株のみならず日本円の相場も外国人主導の展開が目立つ。昨日も東京市場が引けてから、1ドル=136円台に突入した。

なお、いま、ニューヨーク(NY)市場で投機的に円を売っている人たちの多くは、日本に関する知見が極めて薄い。単に円安のモメンタム(勢い)に乗って参加してくる新規参入者たちは、これからも増えそうだ。米連邦準備理事会(FRB)の金融政策動向は読み切れないが、日銀金融政策は誰が見ても読めるからだ。いっぽうで、1ドル=110円台から円を売っては買い戻しの連戦連勝でここまで来たファンドは、加速度的に大胆に相場をはってくる。130円台後半に突入しても、年末まで150円を見据えている。そこまでいかなくても、十分にもうけさせてもらった、との「謝意」があるからだ。150円にいく可能性が多少なりともあれば、追求してゆく姿勢である。「新規の円買いには恐怖心を感じる」と本音を聞かされたとき、筆者は「これは怖い」と感じた。

豊島逸夫(としま・いつお)

豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4745件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World