メニューを閉じる
2021年12月3日(金)
5401 : 製鉄・金属製品 日経平均採用

【粗鋼生産世界大手】国内の粗鋼シェア1位。大型株の代表的銘柄。

現在値(15:00):
1,794.0
前日比:
+61.0(+3.52%)

投信運用、バリュー型ファンドが成績好調
投信観測所

2021/10/18 12:00
保存
共有
印刷
その他

国内株式で運用する投資信託で、割安(バリュー)株を多く組み入れたファンドの成績優位が鮮明になってきた。新型コロナウイルスのワクチン接種の進展に伴って世界的に経済活動の正常化が進み、インフレ期待が高まったことなどが背景にある。ここ数年以上続いていた成長(グロース)株優位の相場の潮目が変わり、昨年末あたりからバリュー株復活の兆しが強まっている。

国内株式相場はバリュー優位

年初からの国内株式市場の値動きに目を向けると、PBR(株価純資産倍率)が低い銘柄で構成する東証株価指数(TOPIX)のバリュー指数が高PBRのグロース指数を上回り、バリュー優位となっているのがわかる(図表1)。

国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETF、ラップ・SMA・DC専用、ブルベア型、通貨選択型などを除く)のうち、国内株式型のファンド(QUICK独自の分類)を9月末時点の年初来リターン(分配金再投資ベース)でランキングしたところ、上位にはバリュー型のファンドや高配当ファンドが数多く登場している(図表2)。

「日本製鉄グループ株式」が成績首位に

上昇率1位となったのは「日本製鉄グループ株式オープン」で、年初来リターンはプラス40.6%。このファンドは日本製鉄と上場するグループ会社を時価総額に応じた比率で組み入れる。8月末のレポートによると、組み入れ上位銘柄は日本製鉄(48.72%)、日鉄ソリューションズ(11.88%)、大同特殊鋼(7.61%)などで、割安感のある景気敏感株の代表格である日本製鉄の比率が高い。日本製鉄は年初来で53.2%上昇しており、ファンドのリターンに大きく寄与している。

一方、年初来リターンの下位には成長株へ投資するグロース色の強いファンドや、情報通信業やサービス業に属する企業の組み入れ比率が高いファンドがずらりと並ぶ。下位の4ファンドは年初来リターンがマイナスだった。

バリュー株優位の相場はまだ始まったばかり。今後も世界経済の回復傾向が続き、金利上昇が意識される展開となれば、足元の状況はより鮮明になり、長期化していく可能性がある。

(QUICK資産運用研究所 平原武志)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1001件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World