メニューを閉じる
2022年12月3日(土)
8301 : 銀行
東証

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(10:30):
24,720
前日比:
--(--%)

円買い介入最大の2兆8382億円 22日に実施、財務省発表

Think!
経済
金融政策
金融
2022/9/30 19:04 (2022/9/30 20:08更新)
保存
共有
印刷
その他

9月22日に24年ぶりの円買い介入に踏み切った

9月22日に24年ぶりの円買い介入に踏み切った

財務省が9月30日に発表した8月30~9月28日の為替介入実績は2兆8382億円だった。9月22日に24年ぶりに実施した円買い・ドル売り介入を反映している。円買い・ドル売りの1日の介入額としては過去最大規模とみられる。

日銀の統計を基にした市場関係者の推計で22日の介入額は2兆9000億円から3兆6000億円程度とされていた。財務省は日次の介入額を公表しなかったが、介入らしい円相場の急騰は公表期間で22日以外にはなかった。

円相場は介入直後の22日夕に5円ほど急騰して1ドル=140円台をつけたあとは再び円安に振れた。わずか1週間で1ドル=144円台の円安水準に戻っており、介入を実施した145円台が迫る。SMBC日興証券の牧野潤一氏は「需給をコントロールする為替介入では通貨のフェアバリューは変わらず、効果は一時的にとどまる」と指摘する。

過去の円買い介入も効果は続かなかった。これまでの最大だった2兆6201億円の円買い・ドル売り介入をした1998年4月10日、円は131円台から127円台まで上昇した。同4月16日には再び131円台に下落し、介入から1週間後で元の水準に戻った。

97年12月17~19日の3日間で計1兆591億円の円買い・ドル売り介入を実施した際も1ドル=131円台から125円台まで上昇したが、98年1月2日には132円台を付けており、わずか2週間で介入前の水準を超えて円安が進んだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4986件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World