メニューを閉じる
2021年10月28日(木)
9022 : 陸運 日経平均採用 JPX日経400採用

【東海道新幹線】好採算の新幹線が収益源。グループで新事業展開。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

経済再開本格化の時期から探る 年後半の有望株

日経マネー
株式投資
増やす
2021/9/22 5:00
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの収束に伴う経済活動正常化の時期は、年後半に上昇する銘柄の顔ぶれに大きな影響を与えそうだ。市場関係者に、「感染収束が年内に見通せる場合」と「年明け以降に後ずれした場合」の2つのシナリオ別に有望業種を聞いたところ、狙い目はきれいに分かれた。

コロナ早期収束なら旅行や外食

感染収束の見通しが立ち、年内に経済の正常化が本格化した場合に有望とされたのは、旅行や外食、小売り、ホテル、鉄道など。これらの業種の多くは、コロナ禍で需要が低迷し、苦境に陥っている。海外渡航制限や緊急事態宣言を受けて、旅客需要が落ち込むANAホールディングスは、目標に掲げる2022年3月期の黒字転換への視界はまだ開けていない。鉄道業種では、鉄道事業の比率が高いJR西日本JR東海が22年3月期通期の業績予想を下方修正した。

もっともこれらの業種の中には、保守的な業績予想を出したり、「合理的な数値の算出が困難」として、予想の開示を見合わせたりした企業が多い。感染収束が見えず、株価が割安水準にとどまる分、経済活動が早期に正常化すれば、業績の上振れが相次ぎ、株価が持ち直すとの期待は大きい。

証券ジャパンの大谷正之さんが注目するのは、ワクチン接種率の向上に伴う消費の回復だ。「外出自粛の長期化からリベンジ消費は予想を超えたものになる」とみており、中でも「旅行や高額品のリバウンドが大きい」と予想する。

政府の需要喚起策である「Go To」キャンペーンの再実施やインバウンド(訪日外国人)需要の回復に期待する声もある。藍沢証券の三井郁男さんは、「現在はインバウンドの消滅により、ディスカウントストア業態の免税品売り上げはほぼゼロだが、経済が正常化すればいずれ旅行客が戻るので、今が業績のボトムだろう」とみる。

自粛長期化なら巣ごもり需要再燃か

一方、経済再開の本格化が年明け以降に後ずれした場合、年後半の狙い目業種は大きく変わってくる。プロが選んだ有望株を見ると、ゲームや化粧品、インターネット関連業種が並んだ。外出自粛が続くことで、巣ごもり需要が一段と高まるとの見方が多い。

例えば、ゲーム業界では主力タイトルの売り上げが好調に推移する。カプコンは、「モンスターハンター」や「バイオハザード」シリーズの新作が、サイバーエージェントは子会社が展開する競馬をテーマにしたゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」がヒットし、業績をけん引している。

コロナ禍の株式相場への影響は

政府は19都道府県について緊急事態宣言を9月30日まで延長。全国の感染者数は減少傾向にあるものの、第5波の収束は依然見通せない。三木証券の原口裕之さんは「この状況はもうしばらく続きそうだが、時間の経過とともに今回の第5波もピークアウトを迎えるだろう」と分析。ワクチン接種が進んでいることから、「第6波が来たとしても、特に重症者や致死率の点で、今回より影響が小さくなることが想定され、株式相場への影響も徐々に小さくなっていく」と予想する。

一方、後ずれの確率の方が高いとみる市場関係者もいる。ワクチンの2回接種を終えた人は9月初旬時点で国民全体の5割近くまで上ったが、3回目の追加接種(ブースター接種)の必要性が取り沙汰されるようになったからだ。フィスコの小林大純さんは「首相が交代しても感染対策が大きく変わるとは考えにくく、ワクチンのみに依存した対策は危険だ」と指摘。「大型商業施設や飲食店などの営業自粛要請は繰り返されるとみられ、消費者が貯蓄を大きく取り崩すなどして消費性向が上向くとは考えにくい」と話す。雨宮総研の雨宮京子さんは「体験や経験に価値を見いだす『コト消費』の低迷は当面続きそうだ」とみている。

感染力の強いデルタ型の出現により、収束時期は読みづらくなっている。当面は感染動向を注視しながら、「早期収束した場合」と「後ずれした場合」の双方のシナリオを踏まえつつ、投資戦略を考える必要がありそうだ。

(井沢ひとみ)

[日経マネー2021年11月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年11月号 上昇期待の好業績株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/9/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

728件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World