メニューを閉じる
2022年6月28日(火)
6988 : 半導体・電子部品
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【テープ基幹の総合材料メーカー】液晶・半導体、医療用など多角展開。

現在値(15:00):
9,040
前日比:
-60(-0.66%)

保有特許に注目 「医薬品」関連の技術成長企業
工藤特許探偵事務所

日経マネー
株式投資
増やす
2022/4/12 5:00
保存
共有
印刷
その他

日本新薬の筋ジストロフィー治療剤は遺伝子工学を応用して作られている

日本新薬の筋ジストロフィー治療剤は遺伝子工学を応用して作られている

技術的な観点から有望銘柄に注目する「工藤特許探偵事務所」。過去2年間におけるYK値(下囲み参照)の成長率が高い銘柄を業種ごとに紹介していく。今回取り上げるのは「医薬品」。特許が最も存在感を発揮する分野の一つで、医薬品自体の特許の他、製剤技術などの周辺特許も重要となっている。

この分野で特に注目されているのは遺伝子工学を利用した創薬技術の開発だ。薬を飲みやすくするための製剤方法など周辺技術の開発も同じくらい活発に行われている。大企業に比べ資本力の弱い中小企業では、製剤技術に注力する企業が多い。以下、YK値成長率上位の4銘柄を紹介する。

第1位日本新薬。泌尿器科、血液内科、難病・希少疾患、婦人科などが重点分野。AI(人工知能)やビッグデータを活用した創薬にも取り組む。YK値を押し上げているのは、アンチセンス核酸関連の特許だ。この特許は遺伝子工学を利用した医薬の組成物となるもので、筋ジストロフィーの治療などに利用できるとのこと。遺伝子工学は現在、最も注目されている技術分野だ。先端医療分野での同社の活躍を期待したい。

第2位日本ケミファはジェネリック医薬品を中心に提供する企業。錠剤への印字に関する特許でYK値を伸ばしている。錠剤に表示される成分情報などの視認性を向上させることで、誤った医薬品を処方してしまうといった事故を防ぐことができる。近年、医療事故が大きな社会問題の一つとなっており、同社の技術は医療関係者にとって福音になるのではないか。

第3位持田製薬。高脂血症治療剤を主力とする。YK値が伸びているのも高脂血症治療剤の原材料に関する特許だ。この特許技術を用いると原材料成分をより高純度で製造できるため、医薬品としての品質が高まるとのこと。同社はこの分野でさらに強みを伸ばしていくと予想する。

第4位東和薬品はジェネリック医薬品を提供している。高血圧症治療に用いる錠剤に関する技術がYK値を押し上げた。医薬品を錠剤に成型する際に、圧力などの影響でその有効成分が分解してしまう場合があるのだが、同社の製剤技術はこの分解を抑制。有効成分を安定させることで、品質向上につなげる。競争の激しいジェネリック医薬品の分野で他社との差別化ができると考えられる。

今回取り上げた企業は、いずれもそれぞれ異なる観点の技術でその競争力を高めている。個性的な技術を生かし医薬品業界でさらなる成長を遂げていくだろう。紹介した4銘柄以外では、食品も手掛ける大塚ホールディングス。ドリンク剤で有名な大正製薬ホールディングス、大衆向け目薬でトップシェアを誇るロート製薬などが技術優良銘柄として挙がる。

この連載では、企業が保有する特許(=技術力)に着目して有望銘柄を発掘する。「企業が保有する特許の経済価値(技術力)の総和と時価総額(株価)には相関がある」という仮説に基づき、成長株を探していく。
【関連記事】
保有特許に注目 「その他製品」関連の技術成長企業
保有特許に注目 「ゴム製品」関連の技術成長企業

YK値とは? 技術力(特許価値)で成長株を探す方法


YK値は工藤一郎国際特許事務所が開発した指標で、出願された特許に対する閲覧請求や無効審判など、ライバル企業が特許の内容を調べたり、無効にするために弁理士に支払った費用から算出する。弁理士コストは50万~100万円程度、訴訟を含めた場合は数百万円程度であり、YK値はこの金額を基準として算出する。なお、実際の手続きには弁理士コスト以外も必要で、全体では弁理士コストの10倍、数千万円程度になることもある。ただし、全体のコストと弁理士コストはおおむね比例するため、弁理士コストから技術の価値は推定できる。YK値は特許価値評価ウェブサービス「PATWARE」で参照可能。

YK値が上昇すると時価総額(株価)の増加も期待できる。図は日東電工の過去30年間の株価とYK値の推移だが、両者には一定の相関が見て取れる。このコラムでは成長株を探すため、過去2年間のYK値上昇率に着目。業種ごとに増加率上位銘柄を成長株として紹介する。特許価値の変化が株価に反映されやすい中小型株が対象だ。なおYK値は株価には着目していない。株価が既に割高になっている場合もあるので、PERやPBRなども合わせて参考にしてほしい。
工藤一郎(くどう・いちろう)

弁理士。工藤一郎国際特許事務所所長。大阪大学工学部卒。NECで磁気ヘッド開発に従事した後、知的財産部などで特許実務に携わる。2000年4月に工藤一郎国際特許事務所設立。特許の経済的価値の数値化や、特許価値の比較を容易にする技術業種分類などを開発。

[日経マネー2022年5月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年5月号 新年度の稼ぎ方&上がる株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2022/3/19)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

193件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World