メニューを閉じる
2021年9月22日(水)
4004 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【石化・アルミ大手】ハードディスクなどエレクトロニクス事業も。

現在値(15:00):
2,721
前日比:
-15(-0.55%)

投資初心者の会社員、精通する製造業関連株で利益得る
勝ち組ビギナーの投資術(上)

日経マネー
株式投資
増やす
2021/7/7 2:00
保存
共有
印刷
その他
日経マネーが実施した「個人投資家調査」(4月15日~5月7日にインターネット上で実施、回答者数2万5544人)では、投資歴6カ月未満の初心者の約半数がプラスのリターンを上げていることが分かった。投資デビューを果たして以降、順調な運用成績をあげている個人投資家はどんな投資戦略で臨んでいるのか。「勝ち組ビギナー」の投資戦略を2回にわたり紹介する。今回登場するのは、2020年11月に投資を始めたSさん(ハンドルネーム)だ。

興味のある分野の銘柄に投資する

25歳の男性会社員のSさんは、2020年11月に個別株投資を始めた。元本は130万円。「日頃使うお金は書籍代ぐらい。無理なく用意できた」と話す。

投資デビューから6カ月余りで出た利益は、含み益を合わせて27万円ほど。わずかな投資歴でも利益を出している秘訣は、「興味があり、知識を持っている分野の株に投資する」点にある。理系職のSさんは、化学・製造業関連の投資を手掛ける。

最も含み益に貢献する銘柄は、昭和電工。購入したのは投資を始めてすぐの20年11月だ。「鉄鋼需要が回復基調」とのニュースを見かけるようになり、関連株として思い当たった。「電炉で一番使われるのは『黒鉛電極』だと考えた」(Sさん)。昭和電工はその黒鉛電極を生産する。同じく鉄鋼関連として知られる日本冶金工業などと比較して、「株価の戻りに出遅れ感があるのが決め手となった」。100株購入し約15万円の含み益が出たという。

チャートの形状も参考にする。理想とするのは、「株価が下がった後に横ばいになり、その後反発の兆しがある銘柄」。いわゆる"鍋底"のような形に注目する。日足を見て鍋底となっていたことから20年10月に購入したNTTは、その後上昇チャートを描き、約7万円の含み益が出ている。

米国の個別株にも興味があるという。「農業関連株に注目している。勉強を続けたい」と意欲的だ。

(大松佳代)

[日経マネー2021年8月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年8月号 コロナ後相場の稼ぎ方&勝負株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/6/21)
価格 : 800円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

195件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World