メニューを閉じる
2021年6月25日(金)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(15:00):
2,692.5
前日比:
-74.0(-2.67%)

スターフライヤー、増資受け自己資本比率19%に改善

新型コロナ
九州・沖縄
サービス・食品
2021/4/30 21:12
保存
共有
印刷
その他

スターフライヤーが30日発表した2021年3月期の単独決算は、最終損益が100億円の赤字(前の期は4億円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍による旅客需要の低迷で、売上高が前の期比55%減の182億円にとどまり、上場以降で最大の赤字額となった。20年12月末時点で1%未満に悪化した自己資本比率は、大規模増資を実施したことで19%に改善した。

スターフライヤーの白水社長は2022年3月期について「黒字に近づくよう頑張りたい」と話した(30日、北九州市)

スターフライヤーの白水社長は2022年3月期について「黒字に近づくよう頑張りたい」と話した(30日、北九州市)

22年3月期の業績予想は、コロナ禍で見通しが不透明として開示しなかった。北九州市内で記者会見した白水政治社長は「大変厳しい状況に変わらないが、昨年よりは旅客が増えている」と説明。22年3月期は「少しでも黒字化に近づくよう社員一丸となって頑張りたい」とした。

白水社長は、ビジネス中心の旅客に占めるレジャーの比率を高めることによる増収策や、社員の地元自治体やコールセンターへの出向など、10以上の収益改善策に着手したと明らかにした。現時点で出向した社員は20人超で、今後の状況次第では増員する可能性もあるという。

スターフライヤーは20年12月までの赤字で自己資本が毀損され、同月末時点の自己資本比率は0.4%にまで落ち込んだ。21年3月に投資ファンドのアドバンテッジアドバイザーズ(東京・港)やスターフライヤーの筆頭株主であるANAホールディングス(HD)などを引受先として80億円の増資を実施し、債務超過を回避した。別途、約30億円をアドバンテッジから調達する可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

784件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World