メニューを閉じる
2021年7月25日(日)
9031 : 陸運

【日本最大級のバス会社】福岡を地盤に鉄道、航空貨物など多角経営。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

西鉄の21年3月期、過去最大120億円赤字 今期は黒字に

新型コロナ
福岡
九州・沖縄
サービス・食品
2021/5/13 20:07
保存
共有
印刷
その他

西日本鉄道が13日発表した2021年3月期の連結決算は、最終損益が120億円の赤字(前の期は66億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの影響を受けて過去最大の赤字幅となった。22年3月期は黒字転換を目指すが、事業環境の不透明さもあり売上高予想は2%増にとどめた。配当は未定とした。

決算発表する西日本鉄道の林田社長(13日、福岡市)

決算発表する西日本鉄道の林田社長(13日、福岡市)

21年3月期の売上高は11%減の3461億円、営業損益は95億円の赤字(前の期は164億円の黒字)だった。営業赤字の計上は、1978年3月期に連結決算の公表を始めてから初めて。林田浩一社長は「できる限りの対策は取ったが大変厳しい結果で、非常に重く受け止めている」と述べた。

事業別では運輸業の売上高が3割減った。鉄道やバスの旅客人員は25~27%程度減り、118億円の営業赤字に沈んだ。ホテルを含むレジャー・サービス業は5割減と減収率が最も高かった。旅行や出張が手控えられ、ホテル稼働率は前の期の72%から26%に落ち込み、客室単価も2割低下。営業赤字は110億円となった。

一方、不動産業は大型商業施設が20年の1回目の緊急事態宣言で一時休館となりテナント収入は減ったが、新規分譲したマンション販売が好調だったことから6%の減益にとどまった。物流業は増収増益だった。20年春には一時、物流網が混乱したため年間の国際貨物取扱高は航空輸出で1割減ったが、航空運賃の大幅上昇を料金に転嫁できたことで7割増益だった。

売り上げ減を受け、目標を100億円上回る、250億円分の費用を削減した。鉄道やバスを減便し、販促費や出張費用も減らした。設備投資も300億円分を先送りした。林田社長は前期のコスト削減は「非常時の絞り方」だとして、今期は「支出を抑えながらも『ウィズコロナ』下で成長軌道に向かうべく構造改革を進める」とした。

22年3月期の売上高は2%増の3525億円を予想する。営業損益が50億円、最終損益で25億円といずれも黒字化を目指す。コロナの影響が小さかった20年3月期と比較して売上高は9割、純利益で4割弱の水準となる。5月末まで福岡県で発令されている緊急事態宣言の影響は織り込み、「コロナで下振れした場合もカバーできる余地がある」(林田社長)。

鉄道収入は定期外利用で今期末には平時の9割の水準まで、ホテル稼働率は7割程度にまで回復するとの見通しを立てた。運輸は103億円、レジャー・サービスが80億円、それぞれ営業赤字幅の縮小を目指す。(今堀祥和)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

211件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World