メニューを閉じる
2021年4月22日(木)
4541 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【医家向け主力】主力の後発医薬品は循環器、呼吸器向けが柱。

現在値(15:00):
945
前日比:
+5(+0.53%)

日医工に業務停止命令、相次ぐ自主回収で

ヘルスケア
北陸
富山
2021/3/3 16:10 (2021/3/3 18:48更新)
保存
共有
印刷
その他

日医工は相次いで製品を自主回収した(主力の富山第一工場=富山県滑川市)

日医工は相次いで製品を自主回収した(主力の富山第一工場=富山県滑川市)

後発薬最大手の日医工で医薬品の自主回収が相次いだ問題で、富山県は3日、医薬品医療機器法に基づき、同社に業務停止命令を出したと発表した。5日から、主力の富山第一工場(富山県滑川市)での32日間の医薬品製造の停止と、24日間の医薬品製造販売業としての業務停止を命じた。現時点で健康被害の報告はないというが、品質管理体制に重大な問題があったとみて処分に踏み切る。

【関連記事】日医工、主力工場で品質おざなり 業務停止で社長減俸

同社は2020年4月から21年1月にかけ、国の承認を得ていない工程があったなどとして、富山第一工場で生産する75品目の医薬品を自主回収した。業務停止の期間中、同工場での医薬品製造などができなくなる。同工場は受託製造を手掛けており、生産が止まることで他社の医薬品調達にも影響が及ぶ可能性もある。

行政処分を受け、3日にオンライン記者会見を開いた日医工の田村友一社長は「大変申し訳なく思っている。業容が拡大するなか、現場に無理をさせすぎた」と話した。責任の所在を明確化するため、自らの月額報酬を3カ月、100%減俸する。

2月には同じく後発薬メーカーの小林化工(福井県あわら市)で皮膚病用飲み薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、福井県から116日間の業務停止命令を受けたばかり。後発薬への信頼を揺るがす事態となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

119件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World