メニューを閉じる
2021年4月16日(金)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
5,826
前日比:
+64(+1.11%)

JCRファーマ、コロナワクチン原液の新工場 22年完成

新型コロナ
ヘルスケア
兵庫
サービス・食品
環境エネ・素材
2021/3/4 17:16
保存
共有
印刷
その他

JCRファーマが神戸市に建設する新工場の完成イメージ

JCRファーマが神戸市に建設する新工場の完成イメージ

中堅製薬のJCRファーマは4日、新型コロナウイルスワクチンの原液を製造する新工場を神戸市に建設すると発表した。投資額は約136億円。2022年に完成する予定。英製薬大手アストラゼネカのワクチン原液の生産を神戸市の既存工場で始めており、新工場の完成後は生産を移管する。長期的に安定した生産体制を整える。

【関連記事】
コロナワクチンの黒子 JCRファーマ、原液生産を受託
アストラゼネカのワクチン、9000万回分を日本で量産へ

新工場は21年7月に着工する。23年以降に稼働する見通し。生産能力は非公表。土地代を含む建設費用はJCRの自己資金に加え、アストラゼネカが厚生労働省から受領する助成金でまかなう予定。

アストラゼネカは日本政府と1億2000万回分のワクチン供給で合意しており、そのうち9000万回分以上を国内で製造する。2月に厚労省にワクチンの承認申請をしている。JCRは9000万回分以上の原液は既存工場の一部を使い生産する計画だ。

アストラゼネカは厚労省が公募したワクチン製造に関する助成金事業に塩野義製薬武田薬品工業第一三共などとともに採択され、約160億円の助成金を受ける。29年度末まではワクチンや医療品の製造体制を確保し、感染症などの流行時に国の求めに応じて活用するといった条件があった。新工場の建設で対応する。JCRはワクチン原液の生産要請がない場合、新工場を希少疾患の治療薬向けなどに転用できる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

288件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World