メニューを閉じる
2021年7月24日(土)
6502 : 総合電機
東証1部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(15:00):
4,705
前日比:
+25(+0.53%)

東芝の永山氏「改革後に進退」 米紙インタビューで

株主総会
エレクトロニクス
2021/6/17 2:18 (2021/6/17 5:08更新)
保存
共有
印刷
その他

オンラインで記者会見する東芝の永山治・取締役会議長(14日)

オンラインで記者会見する東芝の永山治・取締役会議長(14日)

【ニューヨーク=中山修志】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、東芝の社外取締役で取締役会議長を務める永山治氏(中外製薬名誉会長)が、東芝の経営陣の変更とガバナンス(企業統治)改革に道筋をつけた上で自身の進退を判断する考えだと報じた。永山氏が同紙のインタビューに答えた。

永山氏は「ガバナンス問題の解決」と「長期的な最高経営責任者(CEO)の発掘」を重要課題に挙げ、「2つの問題が正しく行われたときが、自らの辞任を考える適切な時期だ」と述べた。同紙は永山氏について「外国人投資家との交渉において最も成功した日本人経営者のひとり」と紹介。過去にソニーの取締役会議長として米国株主の圧力をかわし、収益拡大につなげたと指摘した。

永山氏は2020年の東芝の株主総会が公正に運営されなかったとする調査結果を受けて14日に記者会見し、「コンプライアンス(法令順守)の意識が欠如していた」などとコメントした。その上で、自身は東芝の取締役に残って企業改革にあたる考えを示していた。

議決権行使助言会社の米インスティテューショナル・シェアホルダー・​サービシーズ(ISS)は、東芝が25日に開く株主総会で永山氏を含む5人の取締役候補の就任に反対するよう推奨している。

【関連記事】東芝、拭えぬ内向き体質 物言う株主排除を経産省と画策
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1135件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World