メニューを閉じる
2021年12月3日(金)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(10:56):
2,289.0
前日比:
+81.0(+3.67%)

ボーイング「787」、部品の強度不足が判明

自動車・機械
国際
2021/10/15 7:37 (2021/10/15 8:07更新)
保存
共有
印刷
その他

米ボーイングが製造するB787は新型コロナウイルスの感染拡大と品質管理問題で製造ペースが落ちている=ロイター

米ボーイングが製造するB787は新型コロナウイルスの感染拡大と品質管理問題で製造ペースが落ちている=ロイター

【ヒューストン=花房良祐】米ボーイングの中型機「B787」のチタン製部品の強度が不足していることが明らかになった。同社は米連邦航空局(FAA)と対策を協議しており、航空会社への引き渡しに影響する可能性もある。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが14日、報じた。

B787の機体には三菱重工業川崎重工業などが生産に参画しており、機体の3割超を日本製部品が占めるが、ボーイング広報は日本経済新聞に「問題のチタン製部品に日本企業は関与していない」と話した。「すでに飛行中の機体の安全性に差し迫った問題はない」としたうえで、新造機の製造工程と品質管理の体制についてFAAと協議していることを明らかにした。

同紙によると、過去3年間に製造されたB787のチタン製部品で基準よりも強度が不足していたことが発覚した。B787の受注残は400機以上あり、製造が進んでいる機体は部品交換などが必要になる。2021年は9月末までに21機を新規受注したほか、14機をANAホールディングス日本航空を含む8社に引き渡した。

日本の重工メーカーは炭素繊維の加工を得意としており、主翼や中央翼、胴体の製造を担当している。新型コロナウイルスの感染拡大前はB787を月14機のペースで製造していたが、足元では、旅客需要の低迷と製造工程の混乱で一時的に月5機未満まで落としている。

B787を巡っては品質管理で相次いで問題が浮上しており、20年と21年に納入を一時的に停止したと伝えられている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

842件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World