メニューを閉じる
2022年10月1日(土)
5019 : 鉱業・エネルギー開発
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【元売り大手】昭和シェルと経営統合。有機EL材料などにも強み

現在値(15:00):
3,135
前日比:
-45(-1.42%)

ペトロベトナム、南部で製油所計画 投資額2兆5000億円

アジアBiz
環境エネ・素材
東南アジア
2022/8/19 15:51
保存
共有
印刷
その他

ペトロベトナムが運営するズンクアット製油所(中部クアンガイ省)=国営ベトナム通信

ペトロベトナムが運営するズンクアット製油所(中部クアンガイ省)=国営ベトナム通信

【ハノイ=大西智也】ベトナム国営石油最大手ペトロベトナムは、製油所と石油化学プラントの複合施設を国内に建設する計画を明らかにした。総投資額は最大185億ドル(約2兆5000億円)になる見通し。実現すれば、ベトナムで3番目の製油所になる。

複数の現地メディアが報じた。同社がファム・ミン・チン首相に建設計画を伝えた。

南部バリアブンタウ省に建設する予定。工期は2期に分かれており、計画完了後の原油処理能力は年2400万~2600万トン。1期工事の投資額は最大135億ドル、2期工事は50億ドルを見込む。ほかに石油製品の備蓄施設なども建設する。

製油所で必要となる原油などは可能な限り国内産でまかない、不足分は中東や米国から輸入するとしている。稼働時期については言及していない。

ベトナムでは北部に出光興産が主体のニソン製油所(タインホア省)、中部にペトロベトナムグループが運営するズンクアット製油所(クアンガイ省)がそれぞれ稼働している。ただ、石油製品や石油化学製品で国内需要全体の約45%を占める最大都市ホーチミン市がある南部には製油所がなかった。

ぺトロベトナムはこうした現状を踏まえ「石油製品の輸送はコストがかかっている。製油所などを南部で建設することは合理的だ」と説明している。

ただ、ベトナムでは既に石油製品需要の7割以上を2カ所の製油所でまかなう。環境規制が強まるなか、電気自動車(EV)の普及などでガソリン需要は今後伸び悩む可能性が指摘されており、供給過剰への懸念もある。多額の資金調達も課題になりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

406件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World