メニューを閉じる
2022年5月26日(木)
9984 : 通信サービス
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【投資持ち株会社】中国・アリババ集団などを保有。ファンド運用も。

現在値(15:00):
5,102
前日比:
-89(-1.71%)

中国当局、百度など12社に罰金 独禁法違反で830万円

アジアBiz
中国・台湾
ネット・IT
2021/3/12 17:45
保存
共有
印刷
その他

中国当局はテンセントなどネット大手への圧力を強めている=ロイター

中国当局はテンセントなどネット大手への圧力を強めている=ロイター

【上海=松田直樹】中国の規制当局は12日、過去のM&A(合併・買収)の際に当局への申請がなく、独占禁止法違反にあたるとして、騰訊控股(テンセント)や百度(バイドゥ)など12社に罰金を科す決定を出した。当局は大手ネット企業への独占行為に関する処分を相次いで公表しており圧力を強めている。

独禁法などを管轄する国家市場監督管理総局によると、12社にそれぞれ罰金50万元(約830万円)を科した。テンセントは2018年にオンライン教育の猿輔導に約16億元を出資したが、買収の詳細な内容について当局に申請していなかったという。百度も20年に人工知能(AI)企業の株式を5割超取得したが届け出を怠ったとしている。

中国配車アプリ最大手、滴滴出行(ディディ)の子会社とソフトバンクも18年に日本で合弁会社をつくったが、当局への申請をしていなかった。このほか、アリババ集団傘下の百貨店大手、銀泰商業集団なども対象となった。

中国の独禁法では企業がM&Aをしたり、合弁会社を設立したりする際に届け出が必要だ。当局はこれまでは届け出がなくても問題視してこなかったが、ネット企業への規制圧力を強めるなかで方針を転換した。

このほか最近は、ネット通販大手の拼多多(ピンドゥオドゥオ)や出前アプリの美団などに対し、不正に価格を操作したとして罰金処分を出した。20年12月には独禁法違反での立件を視野にアリババへの調査を始めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

2940件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World