メニューを閉じる
2021年4月14日(水)
8473 : 証券
東証1部
JPX日経400採用

【ベンチャーキャピタル大手】企業再生も。証券事業も収益の柱。

現在値(11:30):
3,235
前日比:
+65(+2.05%)

住信SBIの勘定系、日立切り替えから日本IBM更改に

BP速報
フィンテック
科学&新技術
2021/2/22 11:30
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

住信SBIネット銀行は2022年夏にも刷新する勘定系システムについて、日本IBMの既存システムを更改する方針に転換したことが、日経クロステックの取材で19日までに分かった。当初は日立製作所のオープン勘定系システムを新たに採用する計画だった。システム刷新の期限が迫るなか、時間的な制約などを考慮し、既存システムの更改にかじを切った形だ。

既存の勘定系システムである「NEFSS(ネフス)」の更改に関し、住信SBIネット銀行と日本IBMが20年末に合意した。現在は外部設計を進めている。日立のオープン勘定系システムについては、新サービスなどの開発を継続しながら安全な移行を実現するには「時間が足りない」(同行幹部)と判断した。

システム更改に当たっては、アーキテクチャーに大きな変更は加えない。現在はシステムの動作基盤に日本IBMのPOWER7プロセッサーを搭載したUNIXサーバーを採用しているが、これをPOWER9の搭載機に切り替える。アプリケーションに一部手も加え、今の口座数の2倍強に相当する1000万口座を超える処理もこなせる性能を確保する。

住信SBIネット銀行の株式の5割を持つSBIホールディングス(HD)は、全国の地方銀行と連携する「地銀連合構想」を推進している。同構想に参画する地銀間で勘定系システムを共同化する計画もある。SBIHDはIT(情報技術)コンサルティングのフューチャーアーキテクトと組み、クラウドベースの勘定系システムの開発に乗り出している。

(日経クロステック/日経コンピュータ 山端宏実)

[日経クロステック 2021年2月19日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

419件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World