メニューを閉じる
2021年6月15日(火)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(11:30):
9,924
前日比:
+24(+0.24%)

トヨタ、30年にEV・FCV200万台 世界販売の2割規模に

Think!
愛知
自動車・機械
2021/5/12 16:56 (2021/5/12 17:11更新)
保存
共有
印刷
その他

トヨタが上海モーターショーで発表したEVの新型コンセプト車=ロイター

トヨタが上海モーターショーで発表したEVの新型コンセプト車=ロイター

トヨタ自動車は12日、2030年を目標とした電動化計画を公表した。ハイブリッド車(HV)を含む電動車の販売は800万台と従来計画の550万台(25年の計画)から引き上げる。走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)を200万台と同100万台から倍に増やす。現在は少ないが、22年3月期の世界販売目標(1055万台)の2割に相当する水準にまで積み上げる。

世界的な脱炭素政策などで電動車の普及が加速するとみて、電動車計画を見直した。トヨタで先進技術などを担当するジェームス・カフナー取締役は12日のオンライン記者会見で、電動化戦略について「トヨタは2050年までにカーボンニュートラルを達成するという世界的な目標に100%コミットしている」と述べた。

地域別の電動車販売比率の目標も初めて公表した。HVを含めた電動車が販売全体に占める比率を30年に日本では95%、北米70%、欧州では100%、35年に中国では100%とした。ガソリン車を含む販売全体に占めるEVとFCVの比率は30年に日本で10%、北米では15%、欧州では40%、35年に中国では50%とした。電動車全体に占める比率を現時点の1%未満から25%に大幅に引き上げる。

長田准執行役員は新たな電動車の販売目標の達成には「(トヨタが年間で生産できる電池容量の合計値が)現時点では6ギガワット時の30倍となる約180ギガワット時の供給量が必要になる」とした。さらにEVの生産についても「今は2ラインだが、同じく30倍の60ライン以上が必要になり、積極的に投資していく」と述べた。具体的な投資計画は明らかにしなかった。

日本政府が4月に温暖化ガス排出量を2030年度までに13年度比で46%削減する目標を打ち出すなど、各国・地域で進む環境規制の強化に対応する。電動化戦略を担当する前田昌彦執行役員は各国・地域の脱炭素戦略を念頭に「EVは一つのソリューション、目標はカーボンニュートラルだ」と指摘した。そのうえで「普及してこその環境技術。それぞれの地域にお客の使い方がある」とし、EVだけでなくHVやFCVといった様々な選択肢で脱炭素に貢献する姿勢を改めて強調した。

トヨタは30年に販売台数の半分以上となる550万台以上を電動車にする計画を17年末に発表した。19年には目標の達成時期を25年に前倒ししていた。ただ前倒しの理由はHVの販売台数が急伸することが理由で、EVとFCVについては「30年に100万台以上」という目標を据え置いていた。今回はEVとFCVの販売計画を2倍に引き上げたことになる。

トヨタはEVを巡っては20年に中国で多目的スポーツ車(SUV)のEV「C-HR」と「イゾア」、高級ブランド「レクサス」では初のEV「UX300e」を発売した。21年4月の上海モーターショーでは、EVの新ブランド「TOYOTA bZ」を立ち上げ、25年までに新型車9車種を含む15車種を立ち上げると発表した。bZシリーズの第1弾としてSUV「bZ4X」を22年半ばまでに世界で発売するなどEVラインアップの拡充を進めている。

自動車大手はEV戦略の強化を打ち出している。ホンダも4月に40年に世界の新車販売の全てをEV・FCVに切り替える方針を発表している。独フォルクスワーゲン(VW)は3月にVWブランドの乗用車で、30年に欧州販売の7割以上をEVにすると発表。米ゼネラル・モーターズ(GM)も1月、35年までに乗用車を全面的に電動化すると発表した。

トヨタの新たな電動車目標について、東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストは「現実的な目標を出してきたとは思うが、他社に比べると控えめな目標で、マーケットの評価にはつながりにくいのではないか」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4167件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World