メニューを閉じる
2021年9月29日(水)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)権利落ち

トヨタ、4~6月純利益5.7倍で過去最高 世界販売が好調

企業決算
中部
自動車・機械
2021/8/4 13:28 (2021/8/4 16:05更新)
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車が4日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期実績の5.7倍にあたる8978億円だった。新型コロナウイルスが広がる前の19年4~6月期の6829億円を超え、4~6月期としては過去最高となった。コロナの影響が続く中で新車の需要が回復。北米や中国、日本といった世界の主要市場で販売が伸びた。車業界の半導体不足の影響も限定的にとどめた。

売上高は前年同期比72%増の7兆9355億円だった。営業利益は72倍の9974億円と事前の市場予想平均(QUICKコンセンサス)の7327億円を上回った。4~6月期としては15年の最高益(7560億円)を更新し、すべての四半期ベースで比較しても20年10~12月期の9879億円を上回り最高になった。

4~6月期の営業増益(全体の増益額は9835億円)の要因のうち、販売台数の積み上げや好採算のSUVを中心とした車種構成による影響分が7750億円あった。原材料の高騰による影響は700億円強あったが原価改善だけで吸収し、「コロナを経て収益体質を改善できている」(トヨタの担当者)とした。一方、コロナや半導体不足により、生産を約10万台減らした。

グループ総販売台数(日野自動車、ダイハツ工業含む)は275万台と49%増えた。うち「トヨタ」「レクサス」ブランドの販売台数も254万台と49%増えた。

北米や中国では「RAV4」といった多目的スポーツ車(SUV)の需要が強くなっている。国内でもSUVのほか、小型車「ヤリス」、ミニバン「アルファード」の売れ行きが良い。

自動車業界では半導体不足による減産が続いているが、トヨタは系列サプライヤーを含めた幅広い供給網を駆使して、同業他社に比べて影響を抑えてきた。

22年3月期通期の業績予想は、東南アジアでのコロナ感染拡大の影響や半導体不足により「先行きが不透明」(トヨタの担当者)とし、据え置いた。売上高は前期比10%増の30兆円、純利益は2%増の2兆3千億円と過去最高だった18年3月期(2兆4939億円、当時は米国会計基準)以来の高水準を見込んでいる。グループの通期総販売台数の見通しも1055万台のままとした。トヨタの純利益は21年3月期に上場する製造業の合計額の1割以上を占めた。業績の動向が日本経済に与える影響は大きい。

市場では通期業績の上方修正がなかった失望感から、株価は決算発表直後に一時前日比2%安となった。

QUICKコンセンサスによる営業利益は会社側の予想(14%増の2兆5千億円)を大きく上回り、16年3月期の最高益(2兆8539億円)を超える2兆9191億円まで上がっている。

【関連記事】
ホンダが一転最終増益 22年3月期、米国販売が好調
コロナ下回復でトヨタ先行 4~6月最高益、半導体懸念も
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4059件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World