メニューを閉じる
2021年8月4日(水)
4185 : ゴム・ゴム製品
東証1部
JPX日経400採用

【ハイテク素材メーカー】技術力に定評。医療材料などの開発模索。

現在値(15:00):
3,610
前日比:
-155(-4.12%)

JSRが新中計を公表 半導体・医薬品に照準

エレクトロニクス
環境エネ・素材
2021/3/26 18:39
保存
共有
印刷
その他

新中計では国内で先端向けのレジスト材料を増強する

新中計では国内で先端向けのレジスト材料を増強する

JSRは26日、2025年3月期を最終年度とする4年間の中期経営計画を発表した。半導体材料を含む「デジタルソリューション事業」と医薬品関連の「ライフサイエンス事業」を強化することが柱だ。25年3月期に2事業のコア営業利益を21年3月期見込み比6割増の600億円超に高め、過去最高益更新を目指す。

石油化学系事業の目標は示さなかった。合成ゴムを含むエラストマー事業が構造改革の途上にあるためだ。合成樹脂事業についても今後見直しが必要との認識を示した。エラストマー事業では100人の早期退職を募集することを発表しているほか、原料や物流費用の削減も進めている。事業や製品セグメントの整理も検討中の状態だ。

全社の事業から石化系事業を除いたデジタルソリューションとライフサイエンスの2事業で25年3月期の経営目標を掲げた格好だ。売上高は21年3月期見込み比約5割増の3000億円、自己資本利益率(ROE)は10%以上を目指す。

デジタルソリューション事業では半導体材料に経営資源を集中させる。同社は半導体の回路形成に必要なフォトレジスト(感光材)などに強い。先端向けのレジスト製品の1つである「ArF(フッ化アルゴン)レジスト」では世界シェアの3割を握る。ArFの高シェアは維持しながら、最先端の半導体の製造に使うEUV(極端紫外線)用レジストの需要取り込みを狙う構えだ。

四日市工場(三重県四日市市)ではEUV、ArFの生産能力を増強する。エリック・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「中計期間中の前半には確実に、増強投資を決定する」と語った。

オンラインで記者会見したジョンソンCEO

オンラインで記者会見したジョンソンCEO

ライフサイエンス事業はバイオ医薬品の製造・開発受託(CDMO)が成長をけん引する。現状で9%のコア営業利益率を25年3月期に20%まで高め、売上高は21年3月期見込み比7割増の1000億円を目指す。この事業はM&A(合併・買収)を通じて強化してきた。今後はライフサイエンスグループ全体の相乗効果も発揮していく。

環境対応やデジタル化への投資にも力を入れる。50年に温暖化ガスの実質排出量をゼロにする目標に向け、定量的な目標も設定する方針だ。

JSRは新型コロナの感染拡大で先行きが見通せなくなったことを理由に、20年に予定していた新中計の公表を延期していた。従来は3年間の中期経営計画を策定していたが、5年間に変更した。公表が遅れたため、結果的に4年間の経営計画となった。

(岩野恵)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

66件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World