メニューを閉じる
2021年4月20日(火)
9433 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合通信会社】「au」ブランドの携帯事業が主力。

現在値(15:00):
3,367
前日比:
-58(-1.69%)

ahamoは注目されすぎ 実際はMVNOのほうがお得?
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
コラム
ネット・IT
モバイル・5G
2021/2/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IIJの亀井正浩氏(左)、矢吹重雄氏(中央)、佐々木太志氏(右)

IIJの亀井正浩氏(左)、矢吹重雄氏(中央)、佐々木太志氏(右)

格安スマホサービスを展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)が、生き残りをかけた値下げ競争に突入した。

2020年12月、NTTドコモが月間データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで1回5分までの音声通話かけ放題がついた月額2980円(税別、以下同)のオンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」を発表。その後、KDDIが「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」と月額2480円のサービスを発表し、3キャリアが料金を一気に値下げした。

【関連記事】官邸主導の大手携帯値下げ 「格安」窮地

菅義偉首相は「日本の通信料金は国際的に見ても高すぎる」とキャリアに値下げ圧力をかけていたが、あっという間に先進国の中でもトップレベルの「通信料金が安い国」になってしまった。

一方で窮地に追い込まれたのがMVNOだ。これまではキャリアの通信プランに比べて月額料金が数千円安かったため、まさに「格安スマホ」を求めるユーザーの獲得に成功していた。しかし、2018年ごろから、当時の菅官房長官がキャリアに値下げを求めるようになり、MVNOへの追い風は止まった。さらに20年9月に菅政権が誕生し、3キャリアがオンライン専用プランを発表したことで、MVNOは崖っぷちに立たされた。

そんななか、日本通信やmineo(マイネオ)が、20ギガバイトで1980円のプランを発表した。さらにMVNO最大手であるインターネットイニシアティブ(IIJ)は、20ギガバイトで1880円という値付けをしてきた。キャリアのオンライン専用プランの2480円に比べて600円しか安くないが、それでもMVNOとして意地を見せた…

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1244件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World