メニューを閉じる
2021年4月12日(月)
4689 : インターネットサイト運営
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ポータルサイト最大手】ソフトバンクの連結子会社。

現在値(15:00):
545.9
前日比:
-5.1(-0.93%)

ZHD・LINE統合、AI開発5000億円 決済PayPayに一本化

Think!
ネット・IT
2021/3/1 20:32 (2021/3/2 5:12更新)
保存
共有
印刷
その他

ヤフー親会社のZホールディングス(ZHD)とLINEは1日、経営統合した。合計売上高は約1兆3000億円と楽天に迫る。2022年にキャッシュレス決済を統一するなど国内の足場を固める一方、人工知能(AI)開発を中心に5年で5000億円を投資し、東南アジアに照準を定める。技術やサービスで先行する海外の巨大IT企業に対抗するにはソフトバンクグループとの連携がカギを握る。

LINEを率いる出沢剛氏がZHDの代表権のある共同最高経営責任者(CEO)に就き、川辺健太郎・共同CEOと2トップ体制になる。1日、都内で開いた戦略発表会で出沢氏は「強力な親会社やグループが増えたので、海外展開を加速できる」と意気込んだ。

ZHDとLINEは国内事業が中心でそれぞれ100以上のサービスを手掛ける。まずは国内で重複分野を見直す。22年4月に決済サービス「PayPay(ペイペイ)」に「LINEペイ」の国内のQR決済事業を統合。延べ7000万人の利用者を抱える巨大アプリが生まれる。メディア事業では「ヤフーニュース」と「LINEニュース」は当面併存する。

新生ZHDは「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を標榜する。国内で足場を固めてLINEが強い東南アジアで事業を展開する。23年度の売上高は2兆円、営業利益は2250億円を目指す。ただ海外では米中テック企業が競合となり、ZHDとLINEの合計時価総額はグーグル親会社アルファベットと約30倍の差がある。

東南アジアではスマートフォンの急速な普及でITサービスの利便性は日本を上回る。グラブ、ゴジェックは配車サービスを核に決済など多様な機能を使える「スーパーアプリ」を展開する。電子商取引(EC)ではショッピー、トコペディアなどが成長している。

LINEはタイで対話アプリやフードデリバリーで高いシェアを持つが、ECなどでは苦戦。インドネシアではフェイスブックなど競合に押され、20年9月時点の利用者は1300万人と3年で6割減った。今後は金融などサービスを増やしスーパーアプリに脱却できるかが問われている。

巨大IT企業に比べて研究開発費が限られるZHDがアジアで存在感を持つには親会社のソフトバンクグループとの連携が鍵を握る。同社が運営するビジョン・ファンドは米国、アジアのAIテック企業に数多く投資する。川辺氏は「ビジョン・ファンド投資先の事業展開を手伝う形での海外進出も増やしたい」と話す。出沢氏も「グローバルでワンアップ(1つのアプリ)でやるチャレンジも両社でやりたい」と意気込む。

ビジョン・ファンドの出資先とZHDをつなぐのがAIだ。海外の最新サービスのデータをAIで分析して、国内や東南アジアに合わせて改善する。今後5年間でAIを中心に5000億円を投資する計画で、エンジニアの人数を現在の6500人から1万1500人に増やす。川辺氏は「全てのサービスにAIを実装する」と強調する。

連携の成功モデルになりそうなのが18年に始めたペイペイだ。ビジョン・ファンド出資先であるインドのPaytmとヤフー、ソフトバンクの技術力や営業力を合わせ、キャッシュレス分野で国内トップの地位を築いた。今後、ファンドの出資先がアジアで事業を拡大する際にZHDが大きな役割を果たしそうだ。

(伴正春)

【関連記事】
ZHDとLINEの統合、親会社は「Aホールディングス」に
LINE新銀行、開業を最大2年延期 120億円追加出資
LINE、アジア再挑戦 国ごとにサービス開発
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

492件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World