メニューを閉じる
2021年2月26日(金)
9983 : 衣料品・服飾品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ユニクロ展開】05年11月から持ち株会社体制。海外アパレルも展開。

現在値(15:00):
109,550
前日比:
+2,550(+2.38%)

対中越境EC、SNSが示す日本ブランドの陰り

アジアBiz
スタートアップGlobe
Think!
中国・台湾
コラム
2021/1/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

「独身の日」セールでは外資の競争も激化している(アリババが20年11月に浙江省杭州で開いたイベント)=共同

「独身の日」セールでは外資の競争も激化している(アリババが20年11月に浙江省杭州で開いたイベント)=共同

新型コロナウイルス禍で激減した訪日中国人による消費。日本メーカーの多くは越境電子商取引(EC)で取り戻そうと躍起になっている。実績を残す企業も出る中で、先行きに不透明感も漂う。中国のSNS(交流サイト)を分析すると、日本ブランドの陰りが見えるデータが浮かんでいるためだ。

中国EC最大手のアリババ集団は2020年も、11月の「独身の日」に合わせたセールを実施した。取扱高は同月1~11日の期間中の合計は5000億元(約8兆円)に迫り、中国消費のコロナ禍からの復活ぶりを印象づけた。

アリババが発表した輸入ブランドの期間中の取扱高ランキングでは、美顔器メーカーのヤーマンが首位。花王が4位、資生堂が5位と日本の化粧品・日用品メーカーは健闘したが、商戦全体を冷静に振り返ると違った傾向が見えてくる。

中国専門マーケティング会社のトレンドエクスプレス(東京・千代田)は独身の日前後の1カ月間、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」でブランド名がどうつぶやかれたかを調べた。微博はユーザーの偏りが少なく、消費者全体の嗜好を反映しやすいとされる。

「独身の日」「買った」というキーワードと一緒につぶやかれたブランド名の上位30社を集計したところ、1位は米アップル。2位以下は華為技術(ファーウェイ)、OPPO(オッポ)と中国勢が続いた。

日本のファーストリテイリングの「ユニクロ」は9位、資生堂は29位に入った。ただ、それぞれ19年の8位、21位から後退し、日本勢のランク入りはこの2社だけ。日本ブランドが中国SNSで話題になる機会が減ったことを示している。

「独身の日」に中国SNSで話題となったブランド
順位 ブランド名(国) 主な商品・事業
1 アップル(米) スマートフォン
2 ファーウェイ(中) スマートフォン
3 オッポ(中) スマートフォン
4 エスティ・ローダー(米) 化粧品
5 パーフェクト・ダイアリー(中) 化粧品
6 ロレアル(仏) 化粧品
7 ビボ(中) スマートフォン
8 シャオミ(中) スマートフォン
9 ユニクロ(日) アパレル
10 ハイアール(中) 白物家電
(注)トレンドエクスプレスがウェイボ上のつぶやきを集計

一方で、LG生活健康の「后(フー)」、アモーレパシフィックグループの「雪花秀(ソルファス)」という韓国コスメがそれぞれ12位、19位に入った。韓国勢は19年はゼロ。さらに、中国コスメの「完美日記(パーフェクト・ダイアリー)」も19年の15位から5位に急浮上した。

中国EC市場では、SNSで話題になった商品がその後に売り上げを増やす規則性がある。トレンドエクスプレスの浜野智成社長は「中韓勢は戦略的にSNS上のつぶやきを促すマーケティング手法を強化している」と指摘する。

日本では15年ごろの「爆買い」が記憶に新しく、中国人の日本ブランド信仰は根強いと考えがちだ。それは間違いではないが、中国の消費者が同時に「新しもの好き」である点も忘れてはならない。

(アジアテック担当部長 山田周平)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

670件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World