メニューを閉じる
2021年3月4日(木)
9433 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合通信会社】「au」ブランドの携帯事業が主力。

現在値(15:00):
3,225
前日比:
-34(-1.04%)

スマホ決済利用4割、カード型交通系は減 1月民間調査

小売り・外食
ネット・IT
2021/1/21 13:59
保存
共有
印刷
その他

調査会社MMDLabo(MMDラボ、東京・港)の調査によると、スマートフォン決済の利用者は1月時点で4割となり、前年同月比で11.6ポイント増加した。通信各社が提供するQRコード決済を中心に、2020年前半に利用が拡大した。一方、カード型の交通系電子マネーの利用は減少した。

普段の支払い方法(複数回答)は、「現金」が90.8%で最多を維持し、「クレジットカード」が73.3%で続いた。タッチ式やQRコード決済などの「スマホ決済」は41.2%で前年同月比11.6ポイント増となった。一方、カード型の交通系電子マネーは28.5%で2.9ポイント減少した。

スマホ決済の中核となるQRコード決済について、現在利用している人は33%だった。最も利用しているサービスについてはソフトバンクグループ傘下の「PayPay(ペイペイ)」が最多で43%を占めた。NTTドコモの「d払い」(18%)、楽天の「楽天ペイ」(15%)が続いた。KDDIの「auペイ」は12%だった。今後利用を検討している人は52%にのぼった。

最も利用しているQRコード決済を使い始めた時期については、「20年1~6月」が最多で17%だった。政府が19年10月から20年6月に実施したキャッシュレス決済のポイント還元事業が普及を後押し。現在は新型コロナウイルスの感染対策としても利用が広がっている。ペイペイの登録者数は1月に3500万人を超えた。

ファーストリテイリング傘下のユニクロが19日にスマートフォンを使った決済サービスを始めるなど、事業者の新規参入も続く。ユニクロも利用するQRコード決済は携帯大手が18年ごろに参入。店舗側の導入コストが低いことも背景に、小売りや飲食店での普及が進んだ。

ただ、キャッシュレス決済を巡っては、NTTドコモの「ドコモ口座」やペイペイで不正利用の被害も相次いでいる。普及とともに、キャッシュレス決済のセキュリティー対策の重要性が高まっている。

調査はMMDラボの「MMD研究所」が1月1~4日に、18~69歳の男女を対象に実施した。4万5千人から有効回答を得た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1263件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World