メニューを閉じる
2021年6月24日(木)
7182 : 銀行
東証1部

【郵政グループの銀行】郵便局で集めた資金を国内外の市場で運用。

現在値(11:30):
932
前日比:
+15(+1.64%)

電力料金を計算 ユニファイド・サービスが10億円調達

スタートアップ
環境エネ・素材
2021/4/21 11:35
保存
共有
印刷
その他

システムはセールスフォースのクラウドで使えるソフトウエアとして定額課金型で展開

システムはセールスフォースのクラウドで使えるソフトウエアとして定額課金型で展開

電力関連システムを手がけるユニファイド・サービス(東京・港)は、ゆうちょ銀行子会社のJPインベストメント(東京・千代田)と顧客情報管理の米セールスフォース・ドットコムから第三者割当増資で約10億円を調達した。同社は電力会社向けにユーザーの電気使用料金を計算するシステムを提供する。調達した資金は開発費にあて、システムの計算処理能力を高める。

ユニファイド・サービスは、セールスフォースの上級副社長と日本法人社長を務めた宇陀栄次氏が2004年に創業した。設立当初は国内中小企業向けにクラウド基盤をつくるサービスを展開していたが、15年に電力関連システム事業に参入。16年の電力小売り全面自由化を機に登場した新電力を中心にシステムを納入し、現在は27社が利用するサービスに成長した。納入先の電力会社が持つ顧客は現在82万件だがシステムの機能を高め、24年5月に240万件をカバーする規模に育てる狙いだ。

システムはセールスフォースのクラウド基盤で使えるソフトウエアとして、サブスクリプション(定額課金)型で展開。セールスフォースのクラウドはセキュリティーの高さを強みとしており、より強固な情報管理が求められる電力会社の信頼を得ているという。

脱炭素社会の実現に向け、宇陀代表は「再生エネの地産地消がより促される」と予測する。官公庁向けには、すでに再生エネ発電事業者の情報を管理するシステムを手がけるが、地方自治体や電力会社向けに地元の再生エネの取引を提案する新サービスの立ち上げも検討するという。

累計の資金調達額は約21億円となった。東京電力ホールディングスの小売事業会社である東京電力エナジーパートナー(EP)も出資している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

290件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World