メニューを閉じる
2021年3月8日(月)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

ペプチドリーム、創薬工程の自動化技術供与 大鵬薬品に

ヘルスケア
2020/12/17 16:21
保存
共有
印刷
その他

ペプチド医薬品の開発システムを搭載した装置(川崎市の装置メーカー、テカンジャパン提供)

ペプチド医薬品の開発システムを搭載した装置(川崎市の装置メーカー、テカンジャパン提供)

ペプチドリームは17日、独自の創薬開発基盤の利用に関するライセンス契約を大塚ホールディングス傘下の大鵬薬品工業と結んだと発表した。契約により、大鵬薬品は新薬候補となる「ペプチド化合物」の探索を効率よく進められるようになる見通しだ。ライセンス料は非公表で、ペプチドリームは開発の進捗に応じた収入や発売後の売上高に応じた一時金を受け取る可能性がある。

ペプチド医薬品は「中分子医薬品」の一種で、一般的な低分子医薬品に比べて疾患をより高精度で狙うことができ、副作用が少ないとされる。一方、抗体医薬など分子量の大きい高分子医薬品よりも安価で効率的に作ることができ、様々な新薬につながると期待する見方がある。

ペプチド医薬品の創薬に際しては多くの種類の化合物を合成し、疾患の原因となる物質に強く結合するものを探す必要がある。ペプチドリームは数兆種類の化合物を作り、結合するかを確かめる技術を持つ。これまでも塩野義製薬など7社に技術供与してきた。

2020年夏には新薬候補となる化合物を探す工程を自動化できるシステムを完成し、人が取り組む場合よりも時間を短縮して精度を高められた。新しい自動化システムも含めた技術供与先は、大鵬薬品が初めてという。

大鵬薬品はがん領域に強みを持ち、抗がん剤「ロンサーフ」などを展開している。これまでは低分子医薬品を主力としてきたが、ペプチドリームの技術を使いペプチド医薬品の創薬にも力を入れるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

266件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World