メニューを閉じる
2021年3月8日(月)
9201 : 空運
東証1部
JPX日経400採用

【航空大手】10年1月に破綻後、市場にスピード復帰。路線別採算管理を徹底。

現在値(15:00):
2,495
前日比:
-12(-0.48%)

ANA、JALが国内線追加減便 ANAは1月運航3割に
ピーチは5割運航

サービス・食品
2021/1/14 17:30 (2021/1/14 19:18更新)
保存
共有
印刷
その他

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は14日、1月と2月の国内線の減便計画を発表した。両社とも1月19日から31日にかけて追加減便を実施し、国内線の運航率はANAが32%、JALが53%に縮小する。2月もそれぞれ5割程度の運航を見込む。政府の緊急事態宣言の再発令を受けて期間中の予約が減少していることに対応する。

ANAは19日から31日にかけて2194便を追加減便する。同社によると緊急事態宣言期間となる1月8日から2月7日までの足元の予約数は、1都3県が宣言期間に入った8日時点に比べ3割程度減少しているという。8日の発表では15日から31日にかけての運航が事業計画比55%になるとしていたが、運航割合をさらに2割程度縮小し需要の減少に対応する。

JALは19日から31日にかけて372便を追加減便する。今回の減便により1月の月間運航割合は8日の発表時に比べ1ポイント減少する。8日時点では1月の旅客数を前年の3割程度と見込んでいたが、緊急事態宣言によるキャンセルの増加で「前年の25%程度になると想定している」(JAL)という。

2月の国内線の運航率についてはANAが55%、JALが52%を見込んでいる。

格安航空会社(LCC)大手のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)も14日、1~2月の減便を発表した。1月19日から2月28日にかけて2175便を新たに減らす。これにより1月の運航率は当初計画比の54%、2月は同48%となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1106件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World