メニューを閉じる
2021年4月16日(金)
7012 : 産業用装置・重電設備
東証1部(優先)
日経平均採用

【総合重機2位】陸海空に展開。航空宇宙、中大型二輪車に強み。

現在値(15:00):
2,643
前日比:
-32(-1.20%)

川崎重工、バングラ首都鉄道車両を初出荷 通勤で需要

南西ア・オセアニア
自動車・機械
2021/3/4 16:09
保存
共有
印刷
その他

川崎重工業がバングラデシュの都市高速鉄道(MRT)向けに初出荷した鉄道車両

川崎重工業がバングラデシュの都市高速鉄道(MRT)向けに初出荷した鉄道車両

川崎重工業は4日、バングラデシュの首都ダッカの都市高速鉄道(MRT)で運行予定の鉄道車両24編成144両のうち最初の1編成を神戸港から出荷したと発表した。同国の経済成長に伴って都市化が進むダッカでは今後も鉄道インフラの拡充が見込まれ、鉄道車両の需要増が期待できるとしている。

ダッカ周辺のMRTシステムの運営や維持管理を担うダッカ都市交通会社に納入する。川崎重工は2017年に三菱商事と共同で、ダッカ都市交通会社からMRT24編成144両と車両基地設備を受注した。契約総額は約400億円。

今回の1編成は4月にダッカの車両基地に到着し、整備や試験を経て22年3月から運行を始める予定。残りの車両も順次納入し、22年12月までに全車両が運行を始める予定だ。

納入する車両はダッカ市内の中心部を南北に結ぶ全長約20キロメートルの「6号線」で運行される。通勤電車として大量の人員を輸送するMRTがバングラデシュで運用されるのは今回が初となる。

車両は軽量で耐久性に優れるステンレス製とし、車内外には監視カメラを設置。大容量の空調装置を1両につき2台搭載するなど、現地の高温多湿な気候にも対応する。ダッカ市内では現在6号線の他に4つのMRTの路線が計画されており、川崎重工もさらなる車両受注をめざす方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

441件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World