メニューを閉じる
2022年1月26日(水)
9697 : コンテンツ制作・配信
東証1部
JPX日経400採用

【ゲームソフト大手】新製品開発力に定評。格闘ゲームに強み。

現在値(15:00):
2,675
前日比:
+83(+3.20%)

身代金要求型ウイルス猛威 企業攻撃へ分業体制

Think!
社会・くらし
2021/3/8 19:36
保存
共有
印刷
その他

ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)によるサイバー攻撃が猛威を振るっている。約15年前に出現し、近年はウイルス開発や企業ネットワークへの侵入などで分業体制をとるなど、巧妙で悪質さを増している。ハッカー集団は闇サイトで攻撃の実行役を募集したり、技術を争うコンテストを実施したりしている。

「サイバーセキュリティ政策会議」(事務局・警察庁)は8日、ランサムウエアをはじめ、新型コロナウイルス禍による生活様式の変化の中で深刻化しているサイバー攻撃への対策が急務とする報告書を同庁に提出した。

報告書は、コロナ禍によるテレワークの普及を背景に、家庭内の端末が感染源となって企業ネットワークにサイバー攻撃が及ぶなどの被害が深刻化している現状を分析。企業などを標的にした被害が相次ぐランサムウエアの「悪質化と模倣の歴史」を紹介した。

2006年ごろから出現したランサムウエアの初期の代表例が「PGPCoder」だ。感染すると端末内のデータを暗号化し、復元ソフトの購入を迫った。さらに12年に現れた「CryptoLocker」は、身代金の支払いに暗号資産(仮想通貨)のビットコインによる支払いを要求。身元特定を回避できる点が注目され、以降に開発されたランサムウエアでも模倣されるようになった。

ランサムウエアの作製には、IT(情報技術)の知識が不可欠だが、14年に登場した「CTB-Locker」は、知識や技術がなくても犯罪収益をあげることができる仕組みを導入。闇サイト上の掲示板などで身代金要求の実行役を募集し、成功すれば一定額を分配している。警察庁幹部は「報酬を求めて、多くの技術者がハッカー集団に流れた可能性がある」と指摘する。

データを盗んで暗号化したうえで復元に金銭を要求し、応じなければデータを公開すると脅す「二重脅迫」の手口は、19年に出現した「Maze」が発端となった。国内外の多くの企業で被害が相次いでおり、20年11月にはゲーム大手のカプコンが同種の手口の攻撃を受け、社員の個人情報などが最大で約39万件分流出したことが明らかになった。

報告書によると、攻撃者側は悪意のあるソフトウエアの開発や暴露サイトを運用するグループ、企業ネットワークに侵入する攻撃役など役割を細分化し、技術力のある人材集めをを頻繁に行っている。トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは「分業化によって、ランサムウエアによるサイバー攻撃がビジネスモデルとして広がっていった」とみる。同社の調査では、20年に国内の顧客の端末から検出されたランサムウエアは約1万8300件と、19年比で6割増えた。

報告書は「犯行手口、実行役を集める取り組みが相互に模倣され、総体的にランサムウエア攻撃が悪質化している」と分析している。

通信の匿名化、捜査の壁に
サイバー犯罪は被害の全体像すら把握が難しいのが現状だ。攻撃者を特定するには、システムに残されたログ(通信記録)をもとにIPアドレスを追跡するのが定石だが、痕跡すら残されていないことが多い。

2019年に全国の警察が捜査したサイバー犯罪計495件を対象に、追跡捜査を行う上で課題となった点について警察庁が実態調査したところ、「通信の匿名化技術の悪用」が37%と最も多かった。「海外サーバーなどの悪用」(30%)、「ログの保存期間の超過」(27%)、「不正入手した機器の利用」(18%)が続き、犯行主体を特定するための制度上の仕組みが整っていない問題点が浮き彫りになった。
8日に警察庁に提出された報告書は、犯行主体の属性や手口、目的を特定することの重要性を繰り返し指摘。「国民が見える形で議論を進めていくことが必要」「犯行主体の特定につながる新たな捜査手法の検討も進めるべき」といった意見が示された。同庁幹部は「サイバー空間の安全性を実空間と同様に確保できるよう、対策に取り組みたい」と話す。
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

152件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World